夜、会社からの帰り道。

いつもと同じ道を歩いていると、何となくとあるマンションが目に入りました。
そして、そのうちの一部屋の明かりを何となく見ていました。
そこには、激しい踊りをしている人の影が見えました。
それからは、帰り道にいつもその部屋を見るのが習慣となりました。

ある日、ふとしたきっかけでそのマンションの大家さんと知り合う機会があり、何となく聞いてみました。

私:「あの部屋の人はプロのダンサーか何かですか?いつも熱心ですね」

すると大家さんは、「今その部屋は誰も使っていない」と・・・。

しかし、現に毎晩あの部屋の明かりと激しく踊る影を見ています。
それを話すと、大家さんは真っ青になって言いました。

大家さん:「それはおそらく以前住んでいたAさんではないでしょうか」

大家さんは何もかも話しました。

ずいぶん前に、Aさんがその部屋で首つり自殺したこと。
そして、死の間際に苦しさで激しく暴れたらしいこと・・・。