あらかじめねぇ、断っときますがねぇ、この話を読んじゃったことでその後何が起きてもねぇ、保証しませんよ。
自己責任で読んでくださいよ。

5年前のことですかねぇ。
私が中学だった頃ですよ。
1人の友達が亡くなったんですよ。
表向きの原因はねぇ、精神病ってことでしたよ。
本当はある奴に憑かれたからだと思うですよね~私は。

私にとっちゃ、やばいな~しゃれになんないな~って記憶なんだ。

先日ですよ。
古い友人に会っちゃって、あのときのこと思いだしちゃったんだねぇ、これが。

私たち(A.B.C.Dとでもしておきましょうか)ねぇ、みんな家業継ぐことになってて、高校受験する連中見て、大変だな~なんて思いながら暇を持て余してたんですよ。
学校の方でも、私たちがさぼった方が受験組の邪魔になんなくていいや~なんて考えてたんじゃないですかね~。
朝学校にさえ来れば抜け出しても怒られることはなかったですね~。

ある日ですよ。
AとBが近所の屋敷の話を聞いてきたんですよ。

「おい、改築したばかりの家が、持ち主が首吊って自殺して一家離散して空家になってるぞ。」

なんてね。

あ~、そこでなら酒もタバコも思う存分できるな~なんて、私思いましてね。
翌日の昼すぐ行きましたよ。

外から見たら様子がわからないような、立派なお屋敷でしたがねぇ、『あれ?ここおかしいぞ、やばいぞ』って私思ったんですがね。
AとBが「大丈夫、大丈夫」なんて言いながら入ってちゃうもんだから、私もいかなきゃしょうがないてんで入りましたよ。

あいつらもう調べつけてたみたいで、勝手口が開いてるんだよ。
これが。

書斎みたいな所に入りましてね、窓から見えちゃいけないってんでこそこそ酒盛りですよ。
でもやっぱり飽きちゃうんですね~、みんなで家捜し始めたんですよ。
そしたらCがね、「なんだあれ」って言うんですよ。
そうしたら壁の上のほうに小さな窓が2つ付いてるんですよ。
学校の音楽室や体育館の放送室っていうんですかね?あんな感じですよ。

よく見るとね、壁のこちら側にね、ドアがありまして本棚で塞がれてるんですよ。
肩車すると、上の窓は手で開きましてね。
その窓から若干悪臭が漂ってるんですねー。

あれ~、まずいな~、あっちには行きたくないな~って思いましたけど、みんなどんどん入って行っちゃう。
友達放っていけないから、ついてきましたよ。

部屋の中はカビとホコリで饐えたような匂いが漂っていましてね、雨漏りしてるのかジメッとしてましたよ。

壁にはですね、防音材のようなものが貼ってありましてね、上から壁紙が貼ってあって湿気でジメジメしてましたよ。

そのうち、Aがね、「なんだろこれ」なんて言うもんだからヒョッと見てみると真っ黒に塗りつぶされた写真が、大きな枠の写真入れに入ってるんですよ。
『うわぁ嫌なもん見ちゃったなぁ・・・』って思いましたよ。

Aが写真入れ持ち上げようとしたんでね、やばいよこれ、シャレになんないよと、止めてみんなで帰りましたね。

何か不思議な気持ちになりましたよ、あの時は。
そういう思い出でしたねぇ。

最初に話しましたが、亡くなった友達はAなんですよ。
本当に憑かれたからだと思うですよ。