こういうの書くの初めてなんで読みにくかったらごめんなさい。

1ヶ月ほど前のこと。
そこ頃、俺は高校の学祭の準備で忙しかった。

その日も準備のためにいつもより1時間ほど早く地下鉄に乗った。
俺は電車に入ってすぐの座席の横のポールにもたれかかっていた。
向かいのポールには本を読む会社員。
俺の隣にも本を読んでる会社員がいて、反対側の出入り口には女子高生二人がいた。

俺は電車の窓に反射する車内の様子を見ていた。(地下鉄なので外は真っ暗で、はっきりと車内の様子がわかった。)

ふと気づくと、その窓の真ん中に会社員がうつむいてつっ立ってた。
変だと思って車内を見ると、会社員は二人ともまだ本を読んでる。

もう一度よく窓を見ると、本を読む会社員は二人とも映ってる。
窓の中は一人多いんだよ。。

しかもその会社員の胸元には反対側の女子高生二人が透けてる。
さらに見ていると、その会社員だけが大きく揺れ始めた。

いよいよ怖くなって、目をつぶって早く消えてほしいと祈ってた。
次の駅に着き、窓の外が明るくなってその会社員は見えなくなったが、また暗くなった時にはもうその会社員は映ってなかった。

この話をする時どうしても会社員の顔だけ思い出せず、顔だけ真っ黒になる。

これ友達に話したら、人身事故で首が飛んじゃった人の霊じゃないか?と言われたけど、シャレにならないよ・・・。