見たままを伝えます。

会社帰りの電車で20時頃のことです。

座席はすべてうまっていて座れないのでドアにもたれかかって外の景色を見て暇をつぶしていました。
いつものことです。

ドアのガラス越しに反射して反対側のドアの端の座席に座っているおじさんが映りました。
ぼーっとしてうつろな感じでしたが、ほかの乗客もそんな感じなんで気にしませんでした。

普段ならこんなことに気づかないのに、あることに気づいてしまいました。
そのおじさんは瞬きをまったくしていませんでした。
ガラスの反射を通してずーっと凝視していましたが、瞬きはしていませんでした。
そして、微動だにしませんでした。

オチはありません。
降りる駅に着いたのでそのまま降りましたから。
最後にもう一度見てもかわりない姿でした。

聞いた話ですが、街中とかでも普通に霊は存在するそうです。
茶目っ気のある奴もいるらしい。

ただ霊のほうでも見える奴を探してるらしく、伝えたい事でもあるんだろう・・・。
中には悪霊もいるらしいが、見える奴は霊にとって貴重な視聴者だからね。