小雨が降り出しそうな曇りの日、人通りの少ない道を歩いていました。

公園の横に路上駐車していた軽車の運転席から、小さめの人がこちらを見ていました。
曇り空の映ったフロントガラス越しだったので、最初は「あの人こっちを見ているのかな?」と、気持ち悪く思った程度でした。

近づいて行くにつれおかしなことに気づきました。

まず目を見開いていて形相がおかしい。
睨まれる覚えが無いので強気で見ていたのですが、あることに気づいた瞬間、ゾッとしました。

人なら垂直に座っているはずなのですが、その人はフロントガラスと同じ角度。
背が低いわけではなく、斜めなので小さく見えているようでした。

映っている?

そう思って横のガラスに目をやると、横からは誰もいない、車内のシートが見えました。
平静を装って後ろを向いて、人がいないか確認しました。

誰もいませんでした。

映りこんだ角度からいって上の方も確認しましたが、見えたのは遠くにアパートが一軒。
アパートに人がいたとしてもこんなに大きく映るわけがない。

とても恐ろしくなってもうその車の方は見れませんでした。
逃げ出そうか迷いましたが、何も見なかったことにして足早に車の側を通り過ぎました。

次の日学校で話すと、その近くに住んでいる子が以前、公園の木で首吊りがあったと教えてくれました。

アパートの手前には大きい木の枝があったんです。
もしかしたら木の上のその人とガラスを通して目が合ってしまったのかもしれません。

・・・という思い出すたび路駐の車が怖くなるお話でした。