私の祖父の話です。

祖父は10年以上前に亡くなりました。
その葬式の時に、数珠を持っていなかった私に、祖母が「形見に」と言って、祖父の数珠をくれました。

県外での葬式を終え、自宅に帰り、普段通りの生活が始まりました。

しかし、単身赴任している父が帰宅すると、私の髪を引っ張るモノがいるのです。
父が赴任先に行くと、何も起きません。

ある時、また髪を引っ張られたので、何も無い空間に聞いてみました。

私:「じいちゃん?ハイなら2回、イイエなら3回引っ張って」

2回引っ張られました。

私:「なんでここに居るの?」

めちゃめちゃに引っ張ってきます。

私:「帰りたいの?」

2回、引っ張られました。
・・・何故ここにいるのか、実は心当たりがありました。

葬式終了後、帰宅する時に、私は遺影に話し掛けてしまいました。

私:「いつでも、ウチに来てね。」

その言葉のまま、父に憑いてきてしまったようです。
結局貰った数珠を仏壇に納め、それで終わったと思っていました。

それから何事もなく過ごしていました。
たまに、運転中に眠くなったり、湯船の中でウトウトしていると、祖父に起こされたりしましたが。(訛りがあるのですぐに分かる)

さて、彼氏が事故に遭いました。
車は大破。
本人はカスリ傷ですみました。

次の彼氏は歩いていて車に当てられました。
上手くボンネットに乗ったので、打ち身だけで済みました。
その次の彼氏は、車を運転中に急に車がひっくり返りました。
車はボロボロですが、本人は軽いムチウチで済みました。

事故に遭った彼氏達には、共通点がありました。
全員私の他に女が居たのです。
他にも付き合った人もいますが、その人は無事でした。

「『ウチの孫娘が居るのに、他に女作るな!』と君のお爺さんが言ってるのが分かった」
と、車がひっくり返った彼が言ってました。
僅かですが、霊感を持っている彼でした。

今、新しい彼がいます。
何事も無ければ、「私一筋なのね!」と喜べるのですが、もし事故に遭ったら・・・また裏切られたと、分かってしまいます。

男運無いのはしょうがないのですが、こういう形で浮気を知ってしまうのは、後味が悪いです。

長々と書いてごめんなさい。