知人F夫妻の話。

彼らが独身の頃、ドライブ中の山道で懸命な身振りで停車を促す男性に会ったという。
車通りの少ない山の中、トラブルなら放っておけない。
二人は同意のもと車を停めた。

バッテリー切れらしく、助けてあげると何度も礼を言って立ち去った。
二人は少し休憩をして出発したのだが、暫く走ると同じ男性が、また停車を促していた。

何だろう?と話しつつ停車すると、すまなそうに話かけられた。

『すみません、バッテリーが・・・』

F氏は驚いたが、先程の処置が不十分だったのだと思い再び快く充電した。

『いや~助かりました』

何度も礼を言う男性を二人は無言で見送った。
処置ミスという考えは完全に消えていた。

男性の表情、言動、全てがVTRのように同じだったという。
互いに、幽霊?と思ったそうだが、相手も同じ考えだと手に取るようにわかり、敢えて口にしなかった。

「変な悪戯だな」とF氏がぎこちなく笑うと、夫人は冗談ぽくではあるが、「次は停まらないで」と釘をさした。

緊迫と和やかさの交じった空気は、車を走らせた15分後には恐怖に変わった。
全く同じ動作で停車を促す男性の姿が見えたのだ。

唯一、違ったのは、二人が車を停めなかったことだけだった。