この話はちょっと微妙なラインの話であるし、あまり話していい事ではないです。
だから致命的だと思われる箇所の話はぼかして書くし、ほとんどの人が「オカルト」としてではなく、別の意味で信じない事があるだろうし、最初から割と平易な書き方で書くので、質問とかされても答えないし、答えられないのでよろしく。

場所はC共和国の北部山岳地。
ちょっとした事情で地元の軍隊の小隊を訓練する為に、アドバイザとして参加してました。
というのは表向き。実際はアドバイザ兼小隊指揮を取らされて、ゲリラ潜伏地帯への偵察をやっていました。

あっちの地方のゲリラってのは山岳地帯にキャンプ張っている事が多くて、そこで●薬を作ったりもしてます。
しかしそこの位置が問題でして、かなり国境に近い位置に張ってます。
だから偵察に行く前に会議をして、戦う為の決まり事っていうのを聞かされました。

A地点(仮)に行くまでは絶対に発砲してはならないってのが主旨。
もともと政府とゲリラの癒着が激しいので、会社と一部の官僚が談合したこっそりやらないといけない仕事だったので、下手に不正規の撃ち合いを国境近くでやって刺激したくなかったようです。

で、まぁ目的地まで徒歩で4時間くらいのところでトラックから下してもらって、鉄砲持ってこっそりこっそり夜の山の中を進んでいったわけですが・・・。

その途中でみんなが不審な声が聞こえると言い出したんです。
向こうの言葉で、大体の意味としては「死ね」とか「死んだ」とか、そういった言葉とか、「ひどい」とか。

こちらとしてはとても困ります。

敵側の偵察か、もしくは他の勢力か?

撃ったらまずいし・・・でも防御はしないといけません。
とりあえず全員氷のように固まって隠れました。
するとしばらくするとガサガサやりながら何か近づいてくるんですね。

同時に「撃った」とか「殺す」とか、そういう言葉も近づいてくる。
年とった人によく見られる言葉でした。
コンタクト、ですね。
ほぼ全員がその「何か」に銃を向けて隠れて固まってました。

すると出て来たのは、角が生えてる巨大なイノシシ?でした。
暗視ゴーグル越しだったのでやけに目が爛々としてたのをよく覚えてます。

山にこんなんいるのんか?と誰もが思ったと思います。
しっかも角がやたらとでかい。
みんな声もださず固まってると、「違うな」と、そのイノシシ?が言ってまた山の中に帰っていきました。

なんでイノシシがしゃべるのか?

それはわからないけれど、しわがれたじいさまみたいな声でした。

イノシシは我々の進行方向に帰っていったので、我々はその後を付ける形になったのですが、進んでいくと地図にはないキャンプか集落?のような物があり、10数体の骸骨が転がってました。
多分、ゲリラの戦死体だと思いますが、その中に明らかにおかしい物がありました。

牛か何か?(私の推測ではさっきのイノシシだと思いますが)の白骨体がありました。
明らかに爆弾や弾丸で殺された死体です。
角に突き刺さった人間の白骨死体もありました。
なんか見た感じその牛かなにかとゲリラが戦った後、の様にも見えなくもない様な・・・。

結局の所、撃ち合いもなかったし、平和な仕事でしたが、当時私が面倒を見た小隊の人々は、未だにあの事はよくわからないと言ってます。

報告書にも単純に「XXXXXX近くでゲリラの白骨体と動物の白骨体を確認」と書いただけですし。

もののけ姫のアレ・・・というには似てなかったですが。
仕事場が自然の中でも山ではよくわからん事も多いです。