似た住所の同姓の人の郵便物がたまに誤配送される。
いつも黙ってポストに投函し直していたが、ある日、誤配送された封書を自分宛と思い込み開封してしまった。

中身は結婚式の招待状だった。
しかし、案内状は真っ二つに破られていた・・・。

そして、メモ帳に『犬畜生お母さんに謝れ』と書かれたものが入っていた。

宛先も送り主も同じ苗字の女性。
手紙の方を読んだら、もう少し事情を知れたかもしれないが、怨念のこもった犬畜生の文字が恐ろしく、そのまま郵便局に届け出た。

その夜。

眠っていると、物凄い雨音で目が覚めた。
と言うか、雨に打たれていた。

気が付くと私は真っ暗な中で雨に打たれながら「○子ー!○子ー!」と知らない名を怪鳥のような声で叫んでいた。

すると遠くから、別の女の声で「オカァサーン!オカァサーン!」と叫ぶ声が聞こえてきた。

そして2人の声が一気に呼応して次の瞬間、破裂した。
グワァァァァァン!と凄まじい余韻。

気が付くと目の前に仏壇があり、リンが共鳴している。

でもうちに仏壇はない。
今度こそ目が覚めた。

真っ暗な部屋。
右隣に主人が寝ている。

良かった・・・。
なのに左隣にもいる。
左の耳許に中年女の声。

「くやしい・・・お母さんがどれだけ苦労したか・・・」

今度こそ気絶した。
朝になっても部屋の中が薄暗く感じられて恐ろしかったが、3日くらいで嫌な空気は消えた。

なんとなくだけど、しがらみ背負った結婚式だったんだろうなと思う。
ちなみに、誤配送の相手の家とは今でも面識はない。