もう20年くらい前の話。

小4くらいの頃、山梨のじいちゃん家にたけのこ掘りに行ったときのこと。
春休みだったかGWだったかは忘れたが、我が家では毎年春先になるとじいちゃん家の裏山にたけのこを掘りに行く習慣があった。

その日も例年同様に朝からみんなで裏山でたけのこ掘ってたんだ。
親父と母ちゃんペアと俺とじいちゃんペアに別れてな。

じいちゃんは竹の子見つけるのが凄く上手くて、俺はじいちゃんが「掘ってみろ」って言ったとこを掘るだけだったが、ザクザク採れてすんげえ楽しかった。
お陰で昼すぎくらいには持ってきたザルが一杯になった。

親父・母ちゃんペアも首尾は上々だったみたいで、そろそろ切り上げて戻ろうぜって話になったんだけど、まだ掘ってたかった俺はじいちゃんに我儘言ってもう少しだけ裏山でたけのこ掘ることにしたんだ。

で、掘った竹の子は親父に持って帰って貰って、じいちゃんと二人でたけのこ掘りを続行してしばらく経った時だった。

なんかさ、急に変な匂いがしてきたんだよ・・・。

柑橘系の匂いっつーのかな?オレンジみたいな匂いがむわぁっと。
もうね、漂うなんてもんじゃないの。

密室で香水ぶちまけたような感じで辺り一面いきなりオレンジ臭。
息をすると噎せそうになるレベル。

辺りを見回してもそれっぽい花とか果物なんかない。
竹林なんだから当たり前だわな。

じいちゃんも俺も流石にこれは”異常だ”と思って、急いで撤収することにした。

裏山の細い道を二人してたけのこ抱えて早足で下っていくんだが、いくら歩いても匂いを抜けられない。

俺はだんだん怖くなってきて泣きながらじいちゃんの服の背中の辺りを握りしめて歩き続けた。

時間にしたら20分かそこらだったかな。
テクテク歩いてようやく道路が見えるとこまで降りてこれたときには心底ホッとしたよ。
オレンジ臭は気が付いたらしなくなってた。

けど、そこからじいちゃんの家に帰ってからが大変だった。

どういうわけか、俺とじいちゃんが帰ってきたのは翌日のお昼くらい。
親父たちと別れてから丸一日くらい経ってた・・・。

俺とじいちゃん的には親父に竹の子を渡してからまだ2時間も経ってないんだぜ?

親父が言うには夕方になっても帰ってこないから、心配になって裏山に探しにいったが何処にも見当たらない。
何処かで怪我でもして動けなくなってるのかも・・・とか考えてご近所さんやら消防団やらに連絡してみんなで手分けして裏山中を探したが見つからなかったんだと。

その後、一応病院に連れていかれて色々と検査されたが全く異常は見受けられず、じいちゃん家で婆ちゃんと母ちゃんからしこたま叱られた後、帰宅。

それからもちょくちょくじいちゃん家へは遊びに行ってたんだが、怖くて裏山にだけは近づか無かった。

オレンジ臭については色々と聞いて回ってみたものの、全く分からない。

じいちゃん家のご近所の爺婆共もまるで聞いたことがない、とのこと。