五歳ぐらいの頃、家からすぐ近所の宗教施設の玉砂利が敷いてあるところを無造作にかき分けたら、剥き出しの心臓のような、痰の塊のようなぶよぶよしたものが下にあった。

何だろうこれ?と指で突ついてみたりしたけど、ヌルヌルしてた気がする。
親が気付いてたのかは知らないけど、「もう行くよ」とせかされて、また埋めて離れた。
変な記憶だけど、太歳の話を知った時に、あ、これかと妙に納得した。

見つけた人間は幸せになるとも、不幸になるとも言われてるけど、僕個人は概ね運が悪く育ち、大人になってからは幸せな部分と不幸な部分の格差が激しい妙な人生になってしまった。

関係性は不明。
ちなみに補足すると、霊感は清々しいほどゼロ。
テレビ番組の最終回を録画せざるを得なかった時に(神様お願いします!)と念じると、百発百中で録画がノイズだらけになってたり、仏壇に入って行く人魂を見たり、お祓いに行った翌々日に事故ったり、神社で厄除けを買うと逆についてないことが起こったり、そんな人生。

現状は付き合ってる人とは数年来仲が良いけど、それと対照的に仕事の方が酷い目に遭ってて、度重なる転勤で遠距離状態。