職場の4人で街の一画にある居酒屋で飲んでた。

その中に「昔霊感があったよ」言う奴がいて、ほろ酔い加減になったころ「変なのいるから払ってあげる」とか言い、先輩に変なことした。(拍手?)

その時は別に何も起きなかったんだけど、数分後、奴は汗だらけになって、夏だっての震えだした。

あまりにも様子がやばかったので、飲み会は切り上げ帰ろうとしたら、「水と紙コップたくさん用意して」と奴は切羽詰った表情で言い出した。

事情が飲み込めなかったけど、ある先輩が「コンビニいって買って来い」と俺とあと一人に命令した。

ほんでもってダッシュで買いに行き店に戻ると、「これじゃ足りない」なんていう始末。
今度は俺一人でコンビに行って、店に戻ると仲間はみんな出た後。

仲間を探すため店から出ると、道端にコップがあることにに気づいた。

奴の仕業としか考えられなかったので、他のコップを探していると、奴は道端でコップに水を注いでた。

2本買ったペットボトルはもうあと少しで無くなりそうだった。

「○○さん、これでいいスカ」と俺は3本のペットボトルを差し出し声をかけた。

戦々恐々という表情があるならこの時の奴の顔だろう、目線があった時は死にそうな面してた。

俺の手からビニール袋ごと奪うと、「ありがとう。○○神社ってどっち」と聞いてきたので、「表通を駅に向かえばOKですよ」と言うと、コップに水を注ぎ置き始めた。

一人にする訳にも行かないので奴の奇行と一緒にいると、先輩2人が水を片手に戻ってきた。

俺は遅いぞ!と先輩に怒られ、店に奴のバッグを忘れていることを伝えられ店に戻ることになった。

バッグを取り、神社へ向かう途中、コップを幾つか見つけたのだけれど、何故か少なくなったり、中身が空のがあった。
※別にコップが倒れてた訳ではない。

変だな~と思い水の入ったコップを見ていると携帯が鳴り、応じると先輩が『早く蓋原さんにこい』って。

電話切って、もう一度コップ見たら水無くなってた。w

感の悪いおいらでも何かヤバ~な状況は判ったので、急いで神社へ向かいタクシーで帰りましたとさ。

後日、水の買出しを指示した先輩に尋ねたら、過去に奴と同じ事務所にいたことがあって、現場から戻った先輩の具合が悪くなり休んでいるときに、奴が水を持ってきた。

奴の言うように飲んだら体調が元に戻ったことがあったので、奴の状態が理解できたらしい。

ちなみに当時は霊感があるなんて公言してなかったそうだ。

霊感が無くなったから喜んで口に出したのだけど、転勤してきてまた霊感が戻ったんじゃないかって。