金曜日の夜、突発的に土・日と連休だし久々に実家に帰ろうと思った。

実家は現在住んでいる市内から車で1時間半程度、途中山一つを越えなければならない道程だ。
実家に電話をした後、所用を済ませ夜9時頃に家を出た。

出発から約40分、強い雨も止み峠に向かって上り道を快調に進んでいくが、濃い霧が出てきてスピードを落として走っていると、後ろに県外ナンバーの車が近づいてきた。

さっさと追い抜けばいいものの後ろにピッタリくっついてゆるやかな蛇行で「さっさと行け」とばかりに煽って来る。

スポーツカーに乗った二人組がニヤニヤと笑っている様子がルームミラーで見える。
抜かせようと左に寄せても抜かないのでどうしようかと思っていたら、良い考えが浮かぶ。

増々霧が濃くなってきた頃、前方のトンネルに向かってスピードを上げて後ろの車を振り切った。

トンネルに入らずに今は使ってないその隣にある旧トンネルのほうに素早く入ってライトを消した。
案の定、こちらに気づかずトンネルを通過していく様子が見えた。

旧トンネルを出て国道に戻って進んでいると、濃い霧の為スピードを出せないのかさっきの二人組のスポーツカーに追いついた。
峠道も下りに差し掛かった頃、いたずら半分でスポーツカーに接近してみた。

トンネルで消えたと思った車が後ろにいたら驚くだろうか?

少し霧が晴れてきて視界が良くなってきた。
車を後ろに接近させてしばらく走っていると運転している方がこっちの車に気づいて模様、助手席の男に合図している。

ルームミラー越しに前の車の二人と目があった。
するとものすごく驚いた顔でこっちを見ている助手席の男。
ミラーではなく身を乗り出してこっちを見ている。

その直後、スポーツカーは猛スピードで峠の下りを走り始めた。

ちょっと驚くかな?とは思ったがここまで驚くほどのことか?

前を行くスポーツカーは霧の中どんどんスピードを上げて見えなくなって行く、地元民のオレから見ても明らかなオーバースピード。
霧が無くなっていく視界の中遠くで「ドーン」という音が聞こえた。

どれだけスピードを出していたのか。
数百メートルほど坂を下った先でゆるやかな右カーブのガードレールを突き抜け、運良く下の水田に落ちた様子。
近くの農道に車を停めてスポーツカーの様子を見に行くと、水田の泥の圧力でドアが開かないらしく、窓から這い出てくる2人の男の姿が。

「おーい、大丈夫かー?」と声をかけると、ビクっと恐怖に顔が歪む2人の男。

その目はオレでは無くオレの乗っていた軽自動車を見ている。

水田の泥の中で震えながらオレの車を指さす2人。

ん?オレの車の助手席になんか人が乗ってないか?

オレにはぼんやりとしか見えないが血だらけの男が助手席に座っている!!
スポーツカーの二人が驚いていた原因はこれか。

だが、不思議とオレにはぼんやり見える人影は怖くないし、どこかで見たことがあるような気が・・・。

ああ、小さいころ事故で亡くなったオレの父親だわ。
そう確信した。

突発的に実家に帰ろうと思い立ちその前に済ませた所用、市内の納骨堂で先祖にお参りしたのは一緒に実家に帰るつもりでオレをそういう気にさせたのだろう。

平気で車に乗り込むオレを見て恐怖に顔を歪める男たちを残し、実家への家路を急ぐ。

オレの気分は不思議と晴れ晴れとしていた。