小学校低学年くらいの頃、多分なんかの雑誌の付録でESPカードが付いてた。
それはトランプより少ないくらいの枚数で、6種類くらいのカード×4~5セットのものだったと思う。

友達2人が家に遊びに来てて、そのカード使って七並べ的なことをすることになった。

でも普通の七並べではなくて、全てのカードで一人づつ同じマークだと思うカードをセットにして裏向きに置いて、全てセットにし終わったら答え合わせしよう!みたいな感じのルールでやった。

1人目が全てセットにし終わったので、1組づつ表にしたら全てが同じカードのセットになってた。

私たちはビックリして「凄い!」を連発して、次もそうなったら凄いね!と2人目が挑戦した。

2人目の結果は1組だけ間違いであとの全てが正解だった。
それでも結構な組数だったから、またビックリした。

そして私の番になり、これまたペアにしたカード全てが正解で驚いた。

これだけなんだけど、その後一人で同じ事をしても絶対バラバラのカードしかペアに出来ず・・・。
たまたまだったんだろうと思ってたけど、今思えば3人がそれ相応の結果を出すのって結構大変じゃないかと・・・。