O先生の話。

小学校の時の担任O先生は山男で、よく山の話をしてくれた。
怪談もあったが、子供相手だからか、あまり怖かった記憶はない。
不思議だったのは八ヶ岳での話だ。

学生時代に何度も登り、山小屋でバイトもしたという。
就職を控え、学生時代の登り納めに行くと、小屋の主に「地元に戻って先生になるって?」と尋ねられた。

話した覚えもないので驚くと、客が噂していたと言う。
バイトで知り合った客や山での顔見知りは多くいるが、自分の近況を知るような者は浮かばず、身近に意外な知人がいるのかも知れないと思ったそうだ。

就職後は近場の山ばかりで、久々に八ヶ岳に出向いたのは教師になって6年目の事だった。

当時、先生には結婚を申し込もうと考える彼女がいた。
断られれば憂さ晴らしに八ヶ岳に登る予定だったが、OKをもらっても独身時代の登り納めなどと言い出かけたそうだ。

数年間、年賀状だけのやりとりだった小屋の主に会うのも楽しみだった。
あえて連絡をせずに出かけたのは、疎遠からくる照れのせいだけでなく、驚ろかせたいというイタズラ心もあったそうだ。
美しい景色を堪能しつつ辿り着いた小屋は、いくらか改装されて昔の面影は薄れていた。

それでも、前に立つと胸が熱くなったという。
案の定、主は驚き、再会を心から喜んでくれた。

しかし、驚いたのは主だけではなかった。
主の口から驚くべき言葉が飛び出したのだ。

「結婚するんだろ?今度は嫁さんも連れてこい」

結婚の話は先生と彼女の間で交わしただけなのに、やはり主は客に聞いたという。

客の特徴を聞いても特定はできずじまいで、気味が悪い話とも言えるが、お化けでも何でも、気にかけてくれるのは有り難いことだ。

悪いことはできないなと、先生が笑っていたからか、嫌な印象はなく不思議な話として残っている。