中学生の頃の話なんだけど、自分、ちょっとサボリ癖あってさ、授業サボる時はここ、みたいな秘密の場所があったんだよ。

自分が通ってた中学ってのが、結構な山の上にあってね、周り中、林だらけだったからさ、学校からちょっと登った辺りのとこを、自分だけの秘密の場所にしてたんだ。

その秘密の場所ってのが、石垣のすぐ下にあるんだけど、石垣って言っても、白いブロックを積み重ねて作ったようなやつね。

そのブロックの中の一つがさ、どう見ても女の人の顔の形してるんだよ・・・。

よく人面岩とか人面○○とか言うけど、そんな感じじゃなくて、明らかに人の手で彫られたような感じになってるんだ。

彫ってあるって言っても、他のブロックと比べてその顔の部分だけ出っ張ってるから、浮き上がってるように見えるって方が正解かなぁ。

その顔なんだけど、なんて言うか、、、美人なんだよね。

そんなに彫刻の上手い人が作ったとも思えないし、髪型とかちょっと古臭いけど・・・。

こういうのあると、普通ちょっと気味悪いかもしれないけど、他に比べてそこだけ日当たり良かったし、自分は別段気にする事無く、そこを休憩所みたいにして使ってたんだ。

そんなある日のことなんだけど、3年になってもうサボリは止めてたんだけど、ふと、休みたくなってね。
昼休みにその秘密の場所に行ったんだよ。

そしたら、久しぶりに来たってのもあって、石垣の女の人の顔、すごい汚れてたんだ。
なんか鳥の糞らしきものもついてるし、見た目に気持ち悪いから、持ってたポケットティッシュでゴシゴシ拭いてやったんだよ。

でも、結構日が経ってるらしく、なかなか取れない。
そんで、ティッシュをもう2,3枚程取って力一杯ゴシゴシしてみたら、
石垣にガッチリ嵌ってるはずのそのブロック、、ぐらぐらしてるのに気づいたんだよ。

何だろう??と思ってよーく見てみると、浮き上がってる顔の両側面。
丁度指が引っ掛けられそうな感じになってるの、気付いたんだ。

やっぱり好奇心でね、指引っ掛けて、ブロック引っこ抜いちゃった。

ブロックは思ったより奥行きが無くて、引っこ抜いた奥の方は空洞になってた。

中を見ると、何だか質素な指輪と、綺麗に折り畳まれた白いハンカチが入ってた。

ハンカチには文字が書いてあって、『ずっと、一緒に・・・』みたいに書いてあったと思うんだけど、滲んでるし、殆ど読み取れなかった。

そんで、指輪を手にとって見ようと思ったんだけどさ、指輪のすぐ近くに何か落ちてるんだ。

なんだかケンタのフライドチキンを食べると、後に残りそうな小さな骨だったと思う。

ん?骨・・・?、、、指輪との位置関係から、いや~な想像をしてしまった自分は、ハンカチもブロックも全部元に戻して、そのまま教室に戻った。

結局あの場所の話、誰にも話さず卒業してしまったなぁ。
今でもほんのり気になる話。