田舎で働いている友人から聞いた話です。

彼は在宅介護の仕事をしていて、一人暮らしの老人のウチへ行くことがあります。

その彼の巡回先に山際の家に住んでいるお爺さんがいます。
無口な人なのか、あまり話したことが無い人なのですが、ある日、彼が行くと、人が変わったようによく喋ったそうです。

そんなことが何度か続いたので、ある日「最近、機嫌がいいですね。何か良い事でもあったんですか?」と聞くと、お爺さんは「いやあ、飲み友達ができてのう」と嬉しそうにいい、「そうじゃ、あんたも今晩どうだ?」と思いもよらぬ誘いを受けました。

「いえいえ、私は」と断ったそうですが、普段、世話になっているお礼がしたいから、と言われ夜に再訪することになりました。

その日の夜、そのお爺さんのウチを訪ねると、満面の笑みのお爺さんが迎えてくれました。
そして、通された場所は山側の縁側。

なんで縁側?と思い、お爺さんに「何で居間じゃなくて縁側なんですか?」と聞くと、「お客さんは山から来るんじゃ」と言ったそうです。

とりあえず縁側に行き、先にお爺さんと飲みながら暫くすると、山からざわざわと、人が茂みを掻き分けながら降りてくる気配がしました。

ぼんやりと、人のような影が降りてくるのが見えました。

「おお、こられたか」お爺さんが言うと、その影は手を振りながら近づいて来ました。

縁側の明かりに照らされて見えたその影は、明らかに猿だったそうです。
猿と言っても小学生くらいの背丈はあり、普通の人間のように歩いていたそうですが、毛が黒く、手足が長かったそうです。

人間のように縁側に腰掛け、「は?」と唖然としている友人を尻目に、お爺さんは猿に酒の入った湯呑を渡し、「まあ、一杯」と勧めていたそうです。

お爺さんが猿に話しかけると、猿はまるで相槌を打つように、うんうんと頷き、お爺さんが「この人がいつも世話になるヘルパーさんじゃ」と友人を紹介すると、猿は友人の方を見、ペコリと人間のように会釈したそうです。

よくわからない飲み会は結構遅くまで続き、猿が縁側を立ち、おじいさんに手を振って山に帰っていったそうです。
友人はその日、お爺さんのウチに泊まって帰ったそうです。

その話を聞いたとき、私は「そのお爺さんは今でも元気なん?」と聞くと、友人は「ああ、今でも元気だし。よく喋るよ。今でも猿と飲んでるんじゃない?」と言っていました。