近所にこんな六歳児が居る。

よく遊んであげていたその子が或るとき背後から「ねえねえカマキリを捕まえたよ」と声を掛けてきた。

「ほうよくやったね」と振り返ってみると何かがおかしい。

六歳児の手に乗った、文字通りなぜか虫の息のカマキリをよく見ると、どこか奇妙に手足が短い?

すると彼はおもむろに斧をスポッと引っこ抜きつつ「こいつ手足を外して又ちゃんと差し込んだんだけどさ、なんか元通り動かないんだよねー」って、こう訴え掛けて来た。

よく見るとカマキリは四肢をちぎられ、接合部のソケット?へ無理に関節を差し込まれた状態にされていた。

おい、なんだこれ・・?

彼はそれには直接答えず、「やっぱしっかりくっ付けなきゃダメなのかなー」と。

怪訝な様子のこちらには構わず、彼はセロテープを取り出し、四肢を胴へくっ付け始めた。

六歳児:「よし完成!これで今度は動くはずだ。」

もちろん動こうはずも無い。

六歳児:「何だよー、くっ付けたんだから動けよこいつ」

しまいにカマキリを叩き始める六歳児。

さすがに彼の手を制して言った。

俺:「あのな、玩具じゃない、生き物なんだよカマキリは」

六歳児:「どうして生き物だと動かないの?くっ付けたでしょ。」

俺:「君だって手や足をどこかにぶつけてケガすると痛いだろ?手や足がちぎれちゃうともっと痛いんだ。動けなくなるのも解るよな。カマキリだって君と同じで痛いんだ。生きてるってのはそういうことなんだよ。」

六歳児:「うーん、あんまケガしたこと無いから解んないや。」

俺:「でも少し痛かったことくらいならあるだろ?体ってちょっとぶつかっただけでも痛いよな。それが痛いどころじゃない、ぶつかったとこからズブズブと裂け、体のどっかがもげちゃうんだぜ?ボキッとさ。そりゃ痛いよ、解るよな。もげたこと無いから解んないし。君も今に解るよ。とりあえず獣医さんにでも連れて行こう、その後は治るまで面倒を見るんだ。もし助からないなら死ぬのを見届けるんだよ。」

六歳児:「えー関係無いじゃんみんなゴキブリ殺してるよー。」

俺:「そういう問題じゃないって。生き物を大切にしろってことだよ。」

六歳児:「解らないなー虫を殺しちゃいけない決まりなんて無いんでしょ。」

俺:「いいか、目の前の生き物を大切に出来ないでいると必ず人間のことも大切に出来ない人間になっちゃうんだよ。」

六歳児:「人間と虫じゃ違うじゃん。」

六歳児:「同じだよ、どっちも生きてる。」

未就学ではしょうがないとの意見もあろうが、一昔前のというか健全な感性からは信じられない話だ。

で何処が怖いかって近隣地域に限ってか限らずか、近年こうした類例が急増している事態がです。

それは負の新人類の密やかな足音なのかも知れないと思ったりする。

生物の逆進化。

近場にこういうのは居ませんか?