登山の帰り道、もう日も落ちかけた真っ暗な山道を車で走っていた時、自分たちが今さっき下りて来た場所が見える場所があるんだけど、そこに差し掛かった時何気なく窓を開けて走っていたら、そっちの方角から、「あけてーーーーーーーあけてーーーーーーー」とはっきり聞こえた。

俺が運転していて、助手席には友人が乗っていたんだが両者とも聞いていた。
思わずそっちの方角を見たら、真っ暗な道(といっても殆ど暗闇)から、夕闇の空に向かって黒い棒のようなもの?が空に伸びていた。

自分は運転していたのでそれ以上見れなかったが、友人はもう少し見続けたらしく、黒い棒は垂直ではなく少しくねりながら立っていたらしい。

「何だあれ?」「分からん。」という短い会話をしたすぐその時、「あーーーーけーーーーてーーーーーーーー」とまたあの声がした。

もうとんでもなく不吉な物を見た気がして、すぐ窓を閉め、適当な音楽をかけた。
その後も細心の注意を払いながら、安全運転を心掛けて帰った。

黒い棒みたいな物体もそうだが、「あけて」の意味が分からないのが気持ち悪い。

「助けて」とか「やめて」ならまだしも・・・。

勿論、それからその場所には二度と行っていない。