海の傍の民宿。

高校生の時、部活の合宿で海の傍の民宿に泊まり込んだことがあった。
怖い顔をしたおっさんが経営する民宿で、安い割にボロボロで今にも倒れそうな木造だった。
夜、板張りの広い部屋で皆で雑魚寝していると、突然俺は揺り起こされた。

寝ぼけ眼でぼんやりと起こした奴を眺めると、そいつが「トイレに行きたいけど、一人じゃ怖い」と俺に囁くように言った。

俺は眠くてしょうがなかったが、そいつが「頼むよお願いだよ」としつこく頼むので、「分かった分かった」と言って布団から抜け出して、皆を起こさない様に、そいつと抜き足差し足で部屋を出た。

トイレはどこにあるんだよ?と聞くと、海の家の外にあるんだが、臭いし汚いし、何より明かりが無いから暗くて怖い、とそいつは情けない声を出した。

俺はやれやれ・・・と思いながらそいつと廊下を抜け、海の家の玄関までやってきた。

そして玄関の戸に手を掛けようとした時、突然「何しよんかあぁ!!」と大声が響いた。

心臓から口が飛び出しそうになった俺が慌てて振り向くと、民宿のおっさんが懐中電灯をこちらに向けながら憤怒の形相をしていた。

「いや、こいつがトイレに・・・・・・」と言おうとすると、おっさんが「出て行けぇ!!」と言いながら何かの粉をこちらにぶつけてきた。

塩だった。

俺は訳も分からず「はい、はい、すんません」と言いながら出て行こうと戸に手を掛けると、「お前じゃない!!そいつだ!!」とおっさんは叫んだ。

俺が混乱しながら突っ立っていると、突然パチンと音がして辺りが明るくなった。
おっさんが電器を点けたのだった。

と、隣にいたはずの友人がいなくなっていた。
代わりに、俺とソイツが歩いて来た道筋に、濡れた足跡が点々とこちらまで続いていた。

「危なかったな。沈められるとこだったぞ」、とおっさんは言った。

おっさんに「もう寝ろ」と言われ、全身鳥肌を立てながら部屋に戻ると、俺以外の全員の部員が布団で寝ていた。

抜け出していたのは俺だけだった。