かなり昔(15~17年近く前)に、親父に連れられて愛知県で出ると有名な某旧トンネルへ行った。

この時は親父が発案して、妹、俺、親父の三人で行くことになり、妹と親父はノリノリだったんだが、俺は行く前からすげー拒否した。

いつもだったら俺も久々の親父とのお出かけに心躍らせたんだが、この時ばかりは嫌で仕方なかった。
親父に半ば無理矢理連れられて車で件のトンネルへ向かったんだが、目的地に近づくにつれて(だと思う)嫌な予感は余計強くなった。

進む道路の両側がレンガの高い壁みたいになっていて、その上に木が生い茂ってて暗かったからだとも思うが。

トンネルに着いてエンジンを切った親父は妹と、こともあろうにトンネルの中歩いてくるとのたまった。

俺は絶対降りたくなかったので「早く帰ろう」「帰らないならとにかく車にいる」と言って一緒に行かなかった。

とにかく降車するのを拒んだ俺は車で待たせてもらえることになって、親父達の背中をフロントガラス越しに見送った。
そして親父達がちょうどトンネルに入った時に、視界の左隅になんか白いもんが見えた。

さっきまでなかったものだからつい反射的にチラっと見たら、それは白い和服着た長い黒髪の幽霊的にベタな感じの女性だった。

『うおやべー見ちゃったなんかいるよー!』と咄嗟に思った俺は助手席のダッシュボードの下に潜り込み膝を抱えて隠れた。

隠れてすぐ後、車のフロントにバン!と何かが叩きつけられる?音がした。
『うあー絶対近づいてきた・・・・・・!』と半泣き気味だった俺はそのまま暫く待機。

数分後、それから何もなかったからちらっと薄目を開けてみると、何もなかったのに目を開けて一拍置いてからさっきのバン!って音がすごい連続してババババババババババン!っとすごい数が鳴った。
その時車が揺れてめちゃめちゃ怖かった。

それでまたさっきよりも長くきつく眼を瞑ってたんだけど、何もなかったから終わったんだと思って薄目を開けたら、サイドウィンドウから此方を半月型に裂ける様な感じで開いた口と、見開いた眼で見つめる白装束の女性と眼が合った。

そこで記憶がぷっつり飛んで次に記憶があったのは帰りの車中。
助手席でしっかりシートベルトまでして座ってる自分が理解できなかったので親父に聞いてみると「気を失ってたからやってあげた」と言われた。

んでまた親父にそっちはなんともなかったかって聞いたら「なんもなかったわハッハッハ!」って言われたんで、こっちの状況を事細かに説明したら「大変だったみたいだなー、こっちもそのせいで運転大変だわー」と苦笑してるもんで何が?と思ったらフロントガラスに掌の痕がビッシリ残ってた。