深夜のガソリンスタンド

約20年程前、学生時代の話。

当時、ガソリンスタンドで夜勤のアルバイトをしていた。
夜勤は通常2人体制のシフト。

深夜1時を過ぎると客足も減る。
平日であれば交代で休憩をする。
バックヤードで仮眠することもあった。

ある日の夜勤で不思議な体験をした。
当日一緒の深夜勤務に入っていたA君が先に休憩することになった。

当日、来客は少なかった。
店内のカウンターテーブルに頬杖着いて高イスに座り、ガラス越しに外を見ながら来店客を待っていた。

誰も来ない・・・。
シーン静まり返った中、突然正面右前にあるガラス張りの自動ドアが「スッーー」と開いた。

もちろん誰も来てない。

店内にも、そして外にも誰も居ない。
まっ正直、いままでにも何度かそんな事はあったし、夜勤バイトの先輩や同僚からもそんな話を聞いていた。

風の強い日は少なからずあった。
当日は風が強かったわけではなかったが、いつもの事とあまり気にしていなかった。

何気なく、痒く感じた背中に手を伸ばして掻いた瞬間、ゾッとした。

なんとそこに手があった!!!!!!!!

一瞬息が止まった。
あまりにもビックリして声が出なかった。

慌てて自分の手を戻したのと同時に目の前の店内ガラスを見た。
店内にも明かりがついているから当然、ガラスであっても自分の姿が映る。
しかし私の後ろには誰も居ない。

それを確認してから恐々と振り返ったが、誰も居ないし何も無かった。
背中をガラスに向けて映してみたが何も無かった。

「何だアレは?」と呟きながら、一気に高くなった脈を整えようと深呼吸した。

間違いなく感触は「手」だった。

温度は、冷たかったのか?暖かかったのか?ハッキリと覚えていない。
気味が悪くなり取り敢えず「自分の手を洗いに行こう」と立ち上がろうとした瞬間!再度、自動ドアが開いた。
そして静かに閉まった。

ふと「あッ帰ったんだ。・・・・と感じた、って事は直前まで居たのかッ!」っと瞬間的に勝手に想像が膨らみ、ひとりでツッコんでいた。
その後、効果あるのか全然分からんが、気味悪いのでしっかり手を洗った。

数十分後くらいに来店した客には警戒心を持って接客した・・・・。
オジサンごめんね・・・。

休憩を終えてバックヤードから出て来たA君には何も言わなかった。
言っても信用しないだろうし、恐がらせるのも悪いと思って。

朝になって夜勤明け直後、大学へ行って友人に話そうと思ったけど、その話をしたのか、してないのか記憶がない。
友人たちの反応も当然ながら記憶にない。

学生時代は楽しいことばかりだけど20年も経つと忘れる事の多いこと。
鮮明な部分の前後は多少記憶あっても飛んでいる箇所が必ずあるんだよなぁ~不思議だ。
その後社会人になり何年か後に、泊りがけの研修の際、夜、体験談を語る事になりその話をした時は皆恐がっていた。

私自身は霊感など感じたことはなく、心霊現象も信用していない。
「誰かがどこかで嘘をついている」ですべて解決するのじゃないかなと今でも思っている。

私の体験も、今思うと学生の間にマイカーが欲しくて夜勤を連日こなしていた疲れからくる現象とも思える。