亡き祖父から聞いた話。

Aさんは山奥にひっそり住んでいた。
畑を耕し自給自足、お金が必要になると余った野菜や山草やら薬草やらを里に売りに降りて来た。

同じ様な仲間が何人か居たらしい。
足腰のぴんしゃんした老人で、笑うと豪快だが普段は無口な人だった。

ある時、Aさんが大きな犬を連れて里へ降りて来た。
背中に怪我をしていて弱っていたところを保護したのだと言う。
立派な首輪をつけているので迷い犬だろうと。

賢そうな顔をした、立派な犬だったと言う。

誰かが「熊と戦ったんじゃないか?」と言った。
確かに熊でもなければ、こんな大きな犬に傷を負わす事は無いだろう。
そんな話をしているうちに、Aさんは山へ帰ってしまった。

祖父はその犬の立派さにほれぼれし、飼い主が見つからなければ飼いたい、と思った。
だが立派な犬なので、皆が欲しがっていた。

祖父は犬を預かった。
犬は見る見るうちに元気になった。
だが、夜になると不安げに鳴く。
かわいそうなので一緒に寝た。

ますます犬に愛着が湧き、飼い主が見つからなければいいと思った。
だが数週間後、飼い主と名乗る男がやって来て、犬を連れて行った。

その後、里に下りて来たAさんに祖父は話かけた。

祖父:「犬の飼い主が見つかったよ」
祖父:「熊と戦える犬、欲しかったなあ」

Aさんは複雑な笑みを浮かべ、祖父に言った。

Aさん:「あれは熊じゃねえ。もっと危ないもんだ。あの犬は魅入られた。その証拠に夜な夜な愛しげに鳴いたろう。飼い主の元に戻るのが一番いい。そうでもなきゃ、連れて行かれる・・・」

祖父はよく分からなかった。
だが、犬の鳴き声は覚えていた。

悲しそうな鳴き声だった。
飼い主の元へ戻りたいのだろうと思っていた。
Aさんはしょんぼりする祖父に「今度犬を拾ったら、お前にやる」と約束し、山へ帰って行った。

数年後、祖父はAさんから小さな雑種を貰った。
雑種は間抜けな顔をしていて、頭も悪かった。
だが、夜になっても山に向かって鳴く事も無く、祖父によく懐き、いつも後ろをついて来るかわいい犬だったそうだ。

生前、祖父は「俺はあんな犬じゃなくて、大きくて立派な犬が欲しかったんだがなあ」とよく話してくれた。

今はその犬の孫だかそのまた子供だかが居る。
間抜け面でよく寝る犬だ。