山男の話

山を歩いていると兎を見つけた。
銃で狙いを定め、ずどん、と一発。

兎は地べたに転がり、彼はにんまりしながら獲物に近づいた。
その時、血塗れの物体が、むくり、と起き上がった。

なんだ、こいつ!?

銃を構えなおすと、頭の割れた兎が、猛然と彼の方へ駆けてくるのが見えた。
慌てて二発目を打つが、外れた。

兎が飛び掛かってきたまさにその瞬間、三発目が兎の体を吹っ飛ばした。
それはぴくりとも動かなくなったが、気味悪くなった彼は、獲物に触れもせず山を降りたという。

翌日その場所を訪れると、血みどろの小さな足跡が、山奥に続いていたそうだ。