姉の話。

夜、街灯もない田舎道を車で走っていたら、あまりに星が綺麗だったので路肩に停車しライトを消してぼんやり空を見上げてたそうだ。

すると急に、腕に痛みを感じ車に戻って見てみると、斜めに切り傷が出来ており、出血している。
しかも二ヶ所も一気に・・・。

動物に襲われたわけでもなく、通り魔に遭遇した訳でもなく、姉はビックリして、傷の手当てもろくにせず慌てて帰宅した。

それから数ヶ月。

田舎道は徐々にに整備され、一部の砂利道を除けば随分綺麗になっていた。
しかし道が綺麗になった弊害か、肝試しやドリフト走行するDQNが増える事に。
そしてやはり事件は起きた。

ワゴン車に乗ったDQN数人が事故って複数の若者が亡くなる惨事が。
そこは姉の腕がスッパリ切られた場所。

後日、付近に住む農家の方々に昔話を聞いた姉が僕に話してくれた。

その場所は古い民話が伝わっており、人食いの恐ろしい魔物がいて毎晩人の命を奪っていたそう。
そこで村長が救いを求めて祈ったところ、その魔物は地面に突如現れた沼に呑み込まれていったと言う。

しかし時々暴れてカマイタチみたいな現象を起こしたり、木をへし折ったり田んぼの堤を破壊。
それを防ぐため神社を建立したところ、比較的トラブルが減ったそう。

姉が腕の傷痕を見せたら、「それで済んで良かった。事故った子らは喰われたんだからねぇ」と笑顔で言われたと言う。

数年経っても姉の傷痕は残ったまま。
まだ時々疼くそう。

ガチで亡くなった方々がいるんで、ちょっと話はボカしてました。