つい先程、取引先の隣の民家で体験した話です。

場所は山沿いの道を登った小高い丘の上に民家が離れて5軒ある場所。
その内3軒が廃屋だった。
木々に遮られ夕方早々には薄暗くなるといった少々雰囲気がある。

取引先の主人の言うには北側にある一番奥の家には近寄らない方が良いとの事。。。
主人の家族も奥の家付近で黒い影を見た事もあり気味悪がって近寄らないらしい。

主人曰く一番奥の家の所有者は50代の女性。
数年前に越して来て1ヶ月ほど住んだだけで家に寄りつかなくなったらしい。
住んていた当初は大量の犬や猫を飼っていたが、女性が寄りつかなくなり餌も与えられなかった動物達は檻5中で餓死しており、遺骨は今も死んだ場所にあるらしい。

取引先でそんな話を聞いて興味津々な私は仕事を終えたついでに奥の家を見に行く事にしました。

そして1分程丘を登り女性の家に到着。
大きな庭がの奥に2階建ての家がありゴミが散乱している。

まず女性の家の全体画像を撮ろうと写メを撮ってみたのですが・・・異変が起きました・・・。
何故かシャッターが押せません・・・。
写メを諦め半開きになった鉄格子から玄関に続く中庭に入ってみた。

そこに大型犬用の大きな檻があり、おそるおそる覗いてみたら・・・犬の骨らしきモノが・・・。

その途端、妙な寒気とピキーンと耳鳴りに襲われました。

ヤバい!!と感じ速攻引き返そうと振り向いた瞬間、風もないのに鉄格子がバタンと閉まった・・・。
そして犬?のような人のような「ハッハッハッハッハッ」吐息が聞こえる。

一瞬パニックになりましたが鉄格子に手をかけて飛び越え車に乗り込み逃げ出しました。。

そして、ふとバックミラーを見たら鉄格子の付近に人のような大きい何かがこっちを向いる様でした。

今からお祓いに行って来ます。

行かなければよかったとマジで後悔してます。