うちでは、夏になると毎年母の実家に帰る事になっている。
祖母や親戚に会えるのは嬉しいし、涼しい土地で食べ物も美味しいので、避暑には最高なんだけど・・・。
数日泊まる事になる祖母の家で、どうしても気になる事がある。

祖母は写真が好きで(自分で撮るのが好きなわけではない)、居間には沢山の写真が飾ってある。
その中の、祖母が還暦の時に撮影した写真の事だ。

自分が小学校低学年位の頃だったと思う。
いつもと同じように、親戚一同がお盆に集まった時だった。

祖母の誕生日が8月と言うこともあり、還暦のお祝いを盛大にした。
昔のことだから細かくは覚えていないけど、かなり楽しかった事だけは記憶にある。
だから、その時撮った集合写真が現像され、居間に飾られているのを翌年に見た時は、楽しかった記憶とのギャップで鳥肌が立った。

一見普通の写真だった。
祖母が中央に写っていて、自分がその隣で間抜けなポーズをとっている。
他の家族や親戚も、綺麗に写っていた。
だけど、明らかにおかしな点がある。

写真は和室で撮った。
その床の間に、ぼんやりと白い顔が見えた。

笑っている。
人間の顔じゃない。

蛙みたいな顔してるんだ。

『千と千尋』に出てきた蛙の石像みたいな奴が、思いっきり笑顔で写ってる。
自分は生まれて初めてそう言う写真を見たので、相当驚いた。

父母にその事を言おうとしたが、二人共『ああ~、あの時の写真じゃん』と言うばかりで、ばっちり写っているそれには気付かない様子だった。
というより、『気付かない振りしてるな』と子供ながらそれを感じとった。

言えないよな、まさか祖母の還暦祝いの写真が心霊写真だなんて。
祖母も、親戚もその写真を見ても、何も言わなかった。
自分より幼い、いとこたちでさえそれには触れずじまいだ。

今でもその写真は居間に飾ってある。
盆に祖母の家に行く度、それを見るのが怖い。
既に他界している祖父なら、少し嬉しかったかもしれないのに。
誰だよこいつは。