なんか、2ちゃんのまとめ見てたら流れ着いたので、自分も経験談を・・・。

5年前の自衛隊時代の出来事です。

当時は入隊2年目。
そこそこ真っ暗な山の中での演習や、一人での歩哨(見張り)なんかもビビることなくできるようになりました。

元々幽霊とか信じる方だったけど、霊感だったので見たこととかはなかったです。

ある日の訓練中、高台にある雑木林の中の広場で通信所を開設して4人で運営してた。
そのうち、「ゲリラ(訓練上の敵役)がでたぞー!」ってなって、内二人はペアで歩哨に出掛け、もう一人はゲリラの通報が来た途端に電話線が使えなくなったもんで、回線チェックへ。
そして残ったのは自分一人・・・。

とりあえず、まぁ余程のことがない限り機材は異常出さないので外に出て、広場の入口に掘った穴に隠れて、もしもゲリラが来ても対処できるように待機。
ちなみに他の広場へつながる道は有刺鉄線と小学生とかが持つ防犯アラームと釣り糸で作った即席罠線でガッチリ固めてある。

そのうち、星空見ながらボーッしてたら足音がしてきました。
ちなみに自衛隊では、こういう相手が暗闇等で敵か味方かわからない時は「誰か!?」と誰何します。
味方なら所属と名前聞いてから、合言葉を交わす。
敵とかだと捕獲するか・・・。

人間暗闇でいきなりドスの利いた声で声かけられると体が硬直するもので、自分が隠れてる穴を通り過ぎたくらいで越えをかければ、背後をとれるし広場に逃げられても有刺鉄線がある。
で逃げ道がないので捕獲できるだろうと思い待機してた。

そして、ぼんやり輪郭が見えてきたのが4人組でした。
一人と4人でちょっと面倒だな・・・と思ったんですが、通りすぎたくらいで「誰か!!!」と声掛けた。
そうすると、前から二番目がぼそぼそッと何やら所属と名前をいう。
あんまり聞き取れなかったけど、演習参加の部隊名とは違うニュアンスだった。

とりあえず、あらかじめ決めてある合言葉さえ合えばOKなのでとりあえず聞く。
そしたら、わからないとかいうのでとりあえず穴から出ようとした。
しかし、相手4人なのでこっちは1人ではないよアピールし、「◯◯は後ろで援護、その他は待機」といってみた。
そして、とりあえずすぐに逃げられないように4人をうつ伏せにさせてたんだが、なんか違和感があったのをすごい覚えてる。

なんだか、夜の山にしても星も出てるのに輪郭がはっきりしない感じがしてて、なんだろう??とか思ったけど、とりあえずど俺らの部隊なのかもう一度聞いてみた。

そしたら、演習の統制班(訓練を評価する人達)とかなんとか言って、通信所の様子を見に来たとかいうので開放。
そしてそのまま広場の方にそいつらは向かっていった。

そしたら、違う方からバンバンと空砲の音がしてゲリラ対処が始まったからそこから動けなくなってしまったので待機。
そして一時間ほど経過・・・。

さっき通り抜けた連中が帰ってこない。
何回も言うけど、見張ってる道以外に通れるようになってないので、アラームか有刺鉄線に引っかかってるはず・・・。
でも、そんな気配がないので大丈夫かと心配になってきた時、出かけてた三人が一緒になって帰ってきた。

「四人組を見なかったか?」と、三人に聞いてみたら、「そんなの見かけてない」とのこと。

演習後にその話を年配の陸曹に話したら、その高台の広場って先に行くと谷間のような場所があるらしく、昔、そこで戦車の横転して谷間に落ちる事故があったらしい。

ちなみに、戦車って乗ってる中の一番偉い人を車長って言うんだけど、その車長って人はハッチから半身を乗り出して外の状況を見るんだが、その状態で落ちて投げ出されたとき、戦車が上半身に落ちたらしくグチャグチャになったとか・・・。

その話聞いてから、もしかしてあの四人って戦車に乗ってた人達の中なのかなって思います。