もう地元の不動産屋に売却しちゃったけど、私の実家。
隣りにわりと広めの雑木林がある。
特に家族に不幸があったとか、そういうことは全く無かったし、良い事も何度かあったから普通に暮らしてた。
「あの雑木林はヤバい」と見える人に指摘されて、まさかーwアハハハ、なんて流してたけど、全然接点のない他の友人が「あそこの林の脇の道路は通りたくない」とか、「あんたの家はそれなりに立派なのに、あの林のせいでかなり残念な空気が漂ってる」とか言われた。

接点の無い友人だけで5人。
一番強力な人に「何がいるの?」と聞いたら「『居る』なんてもんじゃない。何十年も周りのモノを巻き込んで大きくなってしまって正体が分からない。とにかく凶悪だから思い出したくない」と言われた。

そういえば隣りの家の飼い猫が突然狂ったように林に向かってうなり声をあげてたことがあったなぁ・・・なんて思い出した。

戦後に祖父が買った土地で、なにか曰くがあるとかそんなことは一切聞いた事ないんだけどなぁ。