5時ちょい前、目が覚めてトイレ行こうとしたら、トイレの鍵がかかってて開かなかった。

当たり前だけど、一人暮らしだから誰かが使ってる訳じゃない。
私以外に誰もいないはず・・・。

この時点で寝ぼけてた目がじわじわ覚めてきて、ハァ!?開かない?何で?トイレどうしよう?泥棒?いや、使用後に偶然内鍵を動かして、そのまま閉めちゃった?

・・・などとプチパニック状態。

でもトイレ我慢できないから、こじ開けることを決意。
外側のドアノブにある溝(内側の鍵と連動してるやつで
この溝の向きを外側から変えてやると内鍵が開く)に硬貨を引っかけて開けようとしてもサイズが合わなかったから、マイナスドライバー引っ張り出してきて開けることにした。

この時、万が一中に泥棒がいたときを考えて台所から護身用に包丁を持ってきてスタンバイ。
自分の部屋内だから、問題ないよね?
もし第三者が見たら、かなり危ない人だったと思う。
眠気と混乱でこの時が最大の脳内修羅場だった。

で、無事鍵が開いたから恐る恐るドアを開けたら・・・誰もいなかった。

人がいなくて安堵したけど、何もいなくても怖いよ。
まぁ、泥棒いなくて本当によかった・・・。
と思いつつ、上記に書いた通り、普段全く鍵に触らないのに何で閉まったのか分からんという謎が残る。

とりあえずトイレ済ませて、部屋の玄関のドアチェックしたら、ちゃんと鍵もドアチェーンもしてあった。
てか、最初普通これを確かめるべきだったのに、何やってんだろう・・・。

その後は風呂場、人が隠れられそうな収納場所、窓の鍵とチェックしたが異常なし。
包丁持ちながらだとケガしそうだから、装備をカッターに変更しつつ、ガクブルしながら調べていった。
ベッドの下は、漫画や服などの収納箱でぎっちり埋まってるので心配なかった。

それでようやく落ち着いて、今に至る。
何かあるといけないから、しばらく起きてようと思ってこの文章書いてた。

とりあえず、二度寝します・・・。