当時俺はマンションの一階で一人暮らしをしていた。
ある日、管理会社の担当から電話がかかってきて、『夜中に子供がうるさい、と苦情がきたんですが・・・・・・あの、お一人で住んでらっしゃいますよね?結婚して子供ができたとか、そういうこと、ないですよね?』と聞かれた。

当然、「子供なんかいないし、そもそも彼女もいないですよ、何なら今日みにきますか」って言うと『ですよねぇ~』といわれた。

ところが、しばらくしたらまたそいつから電話がかかってきて、『やっぱり、毎日夜中2時過ぎに子供が騒ぐ声がするって苦情がきたんですが・・・・・・』というので、「それ、本当にウチなの?上(3階)じゃないの?」と言ったんだが、『いえ、下の階からと言われたので・・・・・・』といわれる。

ちなみに小さなマンションで、各階2部屋しかなく、101は独居老人、102は俺、201は空き家、202が髭生やしたガタイの良い男(←苦情の主)、301は母子家庭で子供が1人、302は夫婦2人暮らし、という感じなので、子供の声がするというと301しか考えられない。

でも、よくよく話を聞くと、301の子供は既に小学5年生だが、夜中に聞こえるのは赤ちゃんのような泣き声と、どすんどすんと走り回る音らしい。
そうなると301も無し、となってくる。

一体何が聞こえているのか、と不思議に思って、一度夜中まで起きていたのだが、2時すぎても3時過ぎても子供の声なぞ聞こえてこない。
上の階に居る奴の幻聴か何かなのかな、と納得して、キ○ガイが上に住んでいるなんて面倒だから、さっさと引っ越すか、と思った。

ちょうど年末近かったので実家に戻った時、両親と祖母が居る前でこの話をしたら、婆ちゃんが「そりゃ、赤ちゃん引き摺ってるんだよ。どっかの女に始末させたんやろうねぇ」と言った。

その話自体が事実かどうかすらわからんが、本物の幽霊なのか、それとも子供を始末させた良心の呵責なのか、どっちかなのかもしれん。

できたら後者であってほしい。
-----------------------------------------------------------------------
【タグ】


【元タイトル】


【ライブドア】


【FC2】


【WP】