長文失礼します、去年の冬の話です。

当時何をやっても上手くいかず、何か気分転換をしたかったのもあり友人と近くの神社仏閣を参拝しにいくことにしました。
地元が四国ですので選び放題でした。

最初に向かったお寺は季節が冬だったせいか、お遍路さんや参拝客の姿は自分達以外居らず、寺院の方の姿さえ見えないというとても寂しい感じの参拝になりました。

そのお寺の前には神社があり、そこを更にまっすぐ行くと山の上に昔の城跡があります。
地元の小学校の定番の遠足コースでもあるのですが、険しい山道に楽しいはずの遠足がただの修行の行脚になったことを覚えてます

友人と神社の参拝もしてお神籤を引きながら昔の思い出話をしていると、いつのまにか薄汚れた風呂敷を背中に担いだお遍路さんがいました。

「自分達以外に参拝者がいたんだね」、なんて友人と話してると、そのお遍路さんは城跡のほうに歩いて行ってしまいました。

その日は天気が悪く今にも雨が降りだしそうな空模様でしたし、このまま城跡と言う名の険しい山登りに行っては確実に寒空の下雨に降られてしまううえに綺麗に整備された道ではないので危ないと思いお節介だとは思ったのですが、地元民として放っておけなくて追いかけました。

駐車場には自分達の車しかなく、ツアーでもなさそうなので何なら車で近くまで送るつもりでした。

頂上付近までは一本道なのですぐに追いつくと思ったのですが、おかしな事に登っても登ってもついさっき山に入ったはずのお遍路さんの姿を見つけることはできませんでした。

「まさか滑って落ちてないよな!?」、と友人と周りを確認しながら登ったのですが見つからず、ついに雨も降り出してしまったので、慌てて山を下り、近くに停めてあった車に戻りました。

少し入口付近で下りてこないかと待ってみましたが、お遍路さんが下りてくることはありませんでした

結局、自分達の見間違いか面白い所では狸に化かされたか、お遍路さんが超健脚で既に頂上まで辿り着いて雨宿りをしているのだろう、と言う結論をだしてその日は帰りました。

そしてまた次の休みに友人と二件目の寺院に参拝に出かけました。
今回も寒空の下に参拝に来てる物好きは自分達だけでした

この寺院には御加持水があると聞いていたので、飲んで浄化されようと思ったのですが、百円払って置いてある容器に蛇口から出た水を入れるというちょっと残念使用のものでした。

一通り観て回ったのでそろそろ帰ろうか、と思っていた時友人が「あそこに居るのこの前のお遍路さんじゃない?」と言い出しました。

友人が言った方を見れば薄汚れた風呂敷を背負ったお遍路さんが正門から出て行く姿が見えました。

「あんな風呂敷背負ってる人なかなかいないし多分そうだよね、というかいつから居たの?」と友人と話ながら自分達も帰ろうとしたのですが、ちょうど正門の近くに御加持水が落ちてるのを見つけました。

もう絶対にあの人のだろうと結論づけた私達はすぐに追いかけました。

正門を出ると道が二手に分かれていて左手には公園があり、ちょうど入り口付近に親子連れがいたので、「お遍路さんがこちらに来なかったか?」と聞けば「見てない」と教えてくれたので、もう一方の道に向かって「今度は逃すまい!」と走りました。
親切心半分と好奇心半分でした。

勘違いかもしれないけれど、日常に起こったちょっと不思議な出来事と不思議な人に関わってみたいと言う思いがありました。

一本道という訳ではありませんでしたが、会う人に「お遍路さんを見なかったか?」と聞いて道を選んで探していたので見つけられる自信がありました。

しかし、とうとう道の行き止まりまで来ても見つけることができませんでした。
仕方ないから帰ろう・・・という話になって、ふと道のはずれを見ると古びた鳥居が見えました。

神社でもあるのか?と覗きに行くと、その神社には鳥居とくずれた小さな祠しかなく、そしてその2つの間に藁が円の形に敷き詰められていました、異様な光景でした。

暫く友人とそこを見て回っていたのですが、急に友人が「もう帰ろう」と言い出しました。

ちょっと怖い話とかが好きな自分は「写真だけ撮らせて」と友人に言ったのですが、無理やり私の腕を引っ張って連れ出されました。

そんな事をする子じゃないので驚いて引っ張られるままに友人に着いていったのですが、話かけてもこちらを一切見もせず終始無言でずっと引っ張られ続けました。

お寺まで帰ってくるとやっと友人が止まってくれて「どうしたの?何かあったの?」と聞くと、無言で先ほど拾った御加持水を渡してきました。

友人:「あたしもさっき写メ撮ろうと思ってさ、鞄からスマホだそうとして気づいたんだよ・・・いつからこうなってたのかはわかんない」

御加持水が茶色く濁っていました。

拾った時は確かにそのまま飲んでも大丈夫なくらい綺麗でした。
自分達はその後もう一回入念にお参りし、御加持水を飲んで念のために何本か買って帰りました。

濁った御加持水は寺院の人がいなかったのでそのまま目につくところに置いてきました。

自分達にとっては洒落にならないくらい怖かったのですが、改めて文章にしてみると文章が下手なのもあってあんまり怖くなかったのでこちらに投稿します。

寺院巡りはいいことなんでしょうけど、二度あることは三度あるとも言いますし、三件目に行くかは友人と審議中です。

長文失礼しました。