以前おれ東大阪市の3LDKのマンションで一人暮らしをしてたんだわ。
和室一部屋、残りは洋室の3LDK。

当時の職場もそのマンションから近かったし、築15年そこらで綺麗な物件な割に家賃も月七万円で掘り出し物の物件だと思ってた。

でもな。

どうにもそのマンションに一部屋ある和室が良く無かった。
日中はそうでもないんだけど夜はなんかその和室には入りたくないんだよ。

特に襖を開けたくない。
というか襖に近づきたくない。

幸い3LDKで一人暮らしだったからスペースは余ってたし、その和室は洗濯物を取り入れてアイロンをかけるまでの間しばしその洗濯物を置いておく為の専用の部屋にしてた。

そんな感じで和室を持て余しながら生活してたんだけど、ある日、猫を拾ったんだよ。
その猫は今となっては俺の大事な相棒だし、俺は猫が大好きだからな。

半日張り付いて様子見たけど親もいなさそうだし迷う事なくうちに連れて帰ったよ。
サビ猫だから柄は一般受けしないかもだけど、俺からしたら愛らしくてマジ可愛い猫ちゃんだったしな。

でまあ動物病院連れて言ったりあれやこれやで拾ったサビ猫は我が家に居つく事になったわけだが、当時住んでたマンションはペットOKかどうか分からんのだわ。
大家にもそんな事は聞いてないしな。

広さ的には3LDKある訳だし、猫一匹買うには十分だったんだけど、やっぱりあの和室も引っ掛かっててなぁ。

そんな理由もあって猫と暮らせるマンションに引っ越しを決意した訳だ。
俺の猫(仮名サビとしようか)も家中しっちゃかめっちゃかにする癖に、やっぱりというか和室にだけは絶対入らなくてな。
俺が和室で洗濯物のアイロンがけしてるとサビの奴が遠目からコッチ見てニャーニャー鳴いてんだよ。

普段は鬱陶しいくらいに作業の邪魔しやがるのに和室には絶対に入って来なかったな。
そんで今は無事引っ越して西区の猫と暮らせる2DKに越してきた。
サビもスクスク育って元気だ。

つか振り返って思うにあのマンションで暮らしてた頃の俺はやっぱりちょっと異常だったんじゃないかなぁと思う。

当時は仕事のストレスだと思ってたんだけど、あの時期サビと会うまでは何故かすごく気分が滅入っていた。

今でも腕とかに跡が残ってるんだけど、なんか当時二の腕とか脚の腿とか血が出てカサブタが出来るまで掻き毟ってたんだよな。

サビも当時は取り込んで和室に置いてた洗濯物とか全然近づきもしなかった癖に、いまのマンションだとまるでライフワークのように取り込んだ洗濯物に潜り込んで隠れてるし。

あのマンション・・・ってかあの和室、絶対やばかったんだろうなぁ。
サビを拾わなかったら逃れられたか分からん。
きっと俺ってサビを救ったつもりでサビに救われたんだ。