昔どっかのスレにも書いたけど、怖いというか、いつも助けて頂いてるなと感じる経験ならちらほら。

6~7年前に一人家にいて、やかんに火をかけ湯を沸かしっぱのままテレビ見て,
湯を涌かしてる事すら忘れて爆睡。
しばらくしたら、おでこ辺りをすぱーんと叩かれたような感覚でばっと目を覚ました瞬間に、耳元で「お湯!」って怒鳴られた(ような気がした)。
直接言われたというより頭の中に響く感じ。
湯を涌かしてるの思い出して慌てて台所直行。
やかん真っ暗でヤバかった。

その後、沸騰すると音が鳴るケトルに買い替え。
コンロもガタが来ていたので、空焚き防止機能?らしいのついたのに買い替えた。

他にもこういう護られてんのかなと感じる事はちらほらある。
ありがとうと思ってる。

似たような話だが、うちの嫁が18才の時、兄が海の事故で行方不明になり、数日後に死亡が確認された。
で、通夜の後、親に言われて一旦家に帰り、客のために麦茶を沸かしつつ他の用事をしていたら、それまでの疲れがでて壁によりかかってウトウト寝てしまったところ、突然「ドスーン!」という物凄い音がして目が覚めて、周りを見回しても何か落ちたりしたようすもない。

おかしいな、と思ってキッチンにいったら、お湯が吹き零れてガスの臭いがして、急いでガスとめて窓あけてまわった、って話があるわ。
その時の大きな音の原因はまったくわからないまま。

こういうのは時々あるのかもしれんね。