成人した頃に住んでた家。
なんでか二階の部屋が気持ち悪く感じてあまり行きたくなかった。

部屋に入ると特に理由もなく「青い作業着の顔半分血に染めた男性が睨んでる」というイメージが離れなくなる。

丁度その頃、転職活動中で面接に行ったんだが、そこの面接官に面接終わった後呼び止められた。

面接官:「君、申し訳ないが不採用だよ。でもそれ以上に君の家の二階の部屋が気になるんだ。」

当然、面接中にそんな話はしてないし、ハ?と思ったのだが「あまりにも嫌な気配がするから、自宅に着いたら何時でも良いから私の携帯にかけてきて」

そう言われて番号を渡された。

疑問に思いつつも、内心「不採用と言われたけど、他の会社紹介するとかならないかな」と甘い考え発動して素直に帰宅後に電話した。

電話に出るなりその人は「うん。やっぱりね。二階の部屋の廊下に天袋あるでしょ」と言ってきた。

当時の家には廊下の天井近くに収納があり、親と「廊下に収納って押入れなら聞いた事あるけどw」と笑っていたので、凄く驚いた。

面接官:「その奥に女性の肖像画みたいなのがあるはず。それ出してあげなさい。そして廊下に飾ってあげなさい」

まさかと思ったが探すと出てきた。

天袋の奥思っていた以上に深い収納で、位置的には自分が嫌なイメージが離れなくなる部屋の上に伏せるような状態で、綺麗な女性の絵が出てきた。

雰囲気としては有名な3回見ると死ぬって言われてる女の人の絵、あれを少し横向きにしたような感じ。

面接官:「たぶん、その女性の関係者だと思うけど絵を粗末にされてかなり怒ってるから大事にしてあげなね」

面接官:「それと、あまりにも気になったから今回は電話で聞いたけど、今後は絶対にしないから。電話番号消しておいてね」

そう言われた・・・。

気になったので聞くと、その方のおば様が拝みやさんみたいな事をしていたらしい。

自宅の持ち物ではないので大家さんに絵の事を聞いたが、絶対に捨てないで欲しいって事以外何も教えてくれなかった。
しかも、引っ越す時に「この絵を貰ってくれないか」と言われ、断ったのにトラックに乗っておりその後も絵を巡ってしばらく押し付け合いの様になってしまった。

結局あの絵は大家さんの息子さんが引き取りに来てくれたけど、一体なんだったんだろう?
自分としてはかなり怖かった。