小学低学年の頃、親にこっぴどく叱られてる時に起こった現象。

目の前の親と1mぐらいの間を空けて向き合いながら叱られている時に、徐々に身体が硬直していき、息が少し苦しくなり頭が少しクラクラし始めた。

どちらも一歩も動いていないのに、突然、部屋の奥行きが伸びていき、すぐ目の前にいるはずの親が、スーッと7~8m先に離れていき、親の叱る声も小さくなった。

その間、自分の身体が少し軽くなったというか、ちょっと浮いてるというか、そんな現象を何度か経験している。

その後の数時間は記憶がないんだが、親からは性格が変わったような話し方だったって言われる。