治験って知ってますか?

製薬会社が新しい薬をつくり、そのテストで健康な人間に投与してみる事です。
要は人体実験です。
ただその前にはうさぎやら猿に投与してみて、大丈夫だったら何百分の1の量を人間で試すらしい。

それで、これは実際にあった話。

被験者は7人で、うち2人はプラシーボの偽薬。(つまりただの水とか)
その2人を除き、投与された全員がどえらい事になった。

薬を注射をされ、しばらくすると、順に全身の激しい痛みを訴え、大量の嘔吐、皮膚はどす黒くなり、頭は3倍に腫れ上がった。

おぞましい光景だった。
あまりの苦しみのため、医師に「眠らせてくれ」と懇願した者もいた。
全員が意識を失い集中治療室で人工呼吸器をつけられた。

死亡者は出なかったが、足の指を全部、手の指を3本失い、車椅子生活になった者がいたそうです。

「TGN1412」で検索してみて下さい。
恐ろしい・・・。

TGN1412事件は不可避だったか?
http://npojip.org/sokuho/060328.html

【一部抜粋】
英国で3月13日、臨床試験の安全性、研究対象者の保護を考えるうえで極めて深刻な事件が発生しました。

日本ではほとんど報道されていませんが、英国をはじめヨーロッパでは連日大きく報道されており、事態の深刻さがうかがわれます。