洒落にならん話。

10年以上前に同棲してた女がいた。
俺はまだ未成年で、そいつは5つ上の普通のOL。
俺は高校を卒業して働いてたんだけどなかなか続かず、現場作業のバイトを転々としてた。

ちょっとクセのある女だったど、それなりに楽しく、1LDKのマンションで貧乏生活を送ってた。
ケンカも滅多になかったし、こいつと結婚するんだろうな~、なんて漠然と考えてた。

夏のある晩、パンツ一丁で寝てたんだけど、ジワーって股が生温く濡れた感触がして「やっべおねしょしてしもうた!」って思った。
でも前の日、飲み会で遅かったしマジ疲れてたから「もうええわ」ってそのまま寝ようとした。

でもなんかおかしいなぁ・・・と思って起きたら、そいつが俺の真上で、天井の梁から首吊って死んでた。
ゲロやら糞やら、わからんけど茶色い赤黒い汁で布団中びしょびしょ。

首伸びきってベロがだら~ん、目剥きだしてジローっと俺の事にらんでる。
俺は全く動けなくて、そのまま1日近くぼけーっとゆらゆらしてるそいつを見てた。

夜になって俺のバイト先のツレが、無断欠勤した俺を心配して家に来てくれて、そのまま警察やらなんやらの手続きを全部してくれた。

実は女が勤め先のおっさんと二股かけてて妊娠したみたいだった。
で、どっちの子かわかんないもんだから、俺にも秘密で堕ろしたらしい。
その事を気に病んでたって後から聞いた。

その晩から眠ると女が出てくるようになった。

「◯◯くん、ごめんねごめんね」って。

そのうちに起きてても出てくるようになった。
部屋の隅っこでジッとこっちを見てる。
エレベーターで一緒に入ってくる。

そいつが耳元で常にしゃべりかけてくるようになってきた頃、俺は鬱で入院する事になった。

わかってんだよ、幻覚って。
でも俺には見えてるんだもん、本当に。

幽霊ってなに?
怨念や意識が形になったものなら、俺の目の前から消えない幻覚自体があいつの恨みや無念の塊だよね。

ちなみに、浮気相手のおっさんもその後自殺した。
自責の念に堪えられなくなったんだろう。
そいつも俺みたいに幻覚を見てたのかもしれん。

俺は一生こいつから、こいつの残していった念から逃げられない。