アパートに帰っていつものようにPCをつけてなんとなく過ごしているとふと、異臭が漂ってきた。
物が腐ったような、それでいてどこか懐かしいような臭い。

辺りを見回して見るが、臭いの原因になりそうなものはなかった。
その日はそれで忘れた。

次の日、アパートの玄関を開けるとまたあの臭いがした。
どこから臭うのだろうとゴミ箱の中や流しの下を見るが、異常はない。
しばらくすると臭いはふっと途切れた。

そしてまた次の日も同じように、ふとした時に臭いが漂ってきた。
徐々にその臭いは強くなっているようだった。
隣室に何かあるのだと思い、大家さんに相談してみることにした。

夜にも関わらず大家さんは快く原因調査を引き受けてくれた。

マスターキーを持った大家さんと、今は空き家になっている隣室に入った。

埃の匂いがする。
しかし、特になんの異変も異臭もしない。

次に上の階に行くことにした。

自分の上の部屋の住人とは交流もなく、どんな人がいるのかも知らなかった。

チャイムを押しても反応はない・・・。
念のためということで、大家さんは鍵を開けて中に入っていった。
自分はドアの外で待つことにした。

大家さんが入ってしばらくもたたないうちに、悲鳴が聞こえた!
何事かと中を覗くと、何かを抱き抱えた大家さんがこちらを見て救急車と叫んできた。

あまりの必死な形相に携帯を取り出すと119を押した。
相手の声を聞きながら、部屋の中から漂ってくるあの臭いを嗅いでいた。

部屋の住人は風邪をこじらせて死にかけていた・・・。
必死に手の届くところにあったつまみや、インスタントの麺をかじり生き繋いでいたのだった。

もしも、あのまま放置されていたらそのまま死んでいたそうだ。

身体にはひどい床ずれができていた。
あの臭いは生きたまま人の腐る臭いだった。

包帯を巻いたままの傷口のような臭い・・・。
それはどこか懐かしく、いつまでも味わいたいような臭いだった。