去年の秋の話なんだけど、田舎に住んでるから、近所の山にキノコとりに行ったんだ。

山の入り口に車を止めて、だいたい徒歩で3時間くらいのコースなんだけど、ナラタケとかブナハリタケとかがけっこう採れる場所。

で、歩き出して1時間くらいしたとき、40歳くらいのオバチャン三人組とすれ違ったんだ。
話し方からして、どこか関西方面の人達らしかった。

で、すれ違うとき、オバチャン達がぶら下げてた袋の中がチラッと見えたんだけど・・・入ってたのが、多分ネズミシメジとツキヨタケ。
しかも大量に。

知らない人のために一応説明すると、両方とも毒キノコ。
ツキヨタケのほうは死人が出るくらい強力。

俺は『おいおい、ヤベーだろうが、バカだな、コイツら』って内心思いながら、オバチャン達を小走りで追いかけて「そのキノコどうするんですか?」って聞いた。

突然声をかけられて、かなりけげんな顔してたけど、オバチャンAが「どうするって、もってかえるよ」って。
案の定だったんで、俺が毒キノコだってこと説明すると、オバチャンBが「あー、やっぱり!さっきのオッサンの言うてたとおりやわ・・・うちらは、ダマせへんで。あんた、このキノコほしいんやろ?」って言い出して・・・。

そのままオバチャンの話を聞いていると、どうやらオバチャン達は、今日、山で会った年配の男性に「美味しくて珍しいキノコ」って教わってネズミシメジとツキヨタケを採ったらしく、しかも、その時に「珍しいキノコだから、『毒キノコだ』っていってダマそうとする人がいるから」って聞かされたらしいんだね。

何だよ、それ?そのジジイ何考えてんだよ?

キノコは間違いなく毒キノコで、しかも、少し知ってりゃ、見間違うことなんてありえないキノコなのに・・・。

とりあえず、オバチャン達を説得しようとしたんだけど、完全に疑われちゃって無理だった。
最後には「図鑑見てください」とは言ったんだけど・・・。

あんときは、山にもキチガイはいるんだなーって思った。