嵐真由美さん失踪事件

1994年(平成6年)9月2日午後7時頃、主婦の嵐真由美さん(当時27歳)が、出産のため戻っていた墨田区の実家から、当時1歳半の娘を残して出掛けたまま行方が分からなくなっている事件。

――主に姉の証言に基く事件当日の状況――

・9月2日午後7時頃、「同級生B子と会う」と姉に言い残し家を出る。
・9月2日の夜、知人を名乗る男性“A”から、複数回電話がかかって来る。
⇒「今日の昼間、真由美さんと会っていた」
⇒「真由美さんが氏んでいたら、罰として刑務所に入るのを望みます」

・9月3日、前夜真由美さんが帰って来なかったため、姉が同級生B子に確認。
同級生B子:「会う約束はしていなかった」

・9月3日、姉洋子さんのクローゼットから[メモ1]が見つかる。
⇒「“A”(既婚者)と付き合っていたかったが、裏切られた。ごめんね」という内容
⇒メモの最後に“A”の電話番号が書いてあった。
⇒真由美さんの知人C子は“A”と面識があり、真由美さんが“A”に貢いでいたらしき愚痴を聞いていた。

・父:「いなくなった日、どこか落ち着きのない様子だった」
・母:姉洋子さんより真由美さんをかなり可愛がっていた様子。


【失踪後】
・姉が調査会社を使って“A”の素行を調査。
・調査報告:「’95年3月9日深夜、“A”が缶ジュースを2つ持って山の中へ入っていった」
⇒警察が山の中を捜索したが、手掛かりは何も見つからなかった。

【失踪者を探すテレビ番組が真由美さん一家にインタビュー】
・番組は主に姉洋子さんの証言(上記の内容)をもとに進行。
・父親へのインタビューの最中に母親が背後の本棚にメモを貼る。

「洋子のはなしは信じるな」↓

https://www.youtube.com/watch?time_continue=4&v=L-YX4iB2mbI