七回忌もうすぐで思い出した亡くなったじいちゃんに聞いた話。

じいちゃんが子供の頃は暗くなってから道ですれ違う人に「もしもし」と声をかけあうのが習慣だったんだと。
人外の”もの”は二度続けて「もしもし」と言えないそうだ。

近所の子供と計6人で神社で遊んだじいちゃんは、暗くなり始めた頃全員で神社を出た。
田んぼの間の道を抜けて集落に向かっていた途中、女が向こうからやってきた。

先頭を歩いていたじいちゃんは「もしもし」と声をかけたが、相手は足を止めて黙っている。
何か話そうとしているのか?とじいちゃんも他の子供たちも足を止めた。

女がスロー再生のようにゆっくり口を開いた。
暗くて顔は見えなかったが、やけに口の中が真っ黒に見えたそうだ。

「も~し~」

間延びした、地を這うように低い声で女がそう言うのを聞いて、子供達は全速力で逃げ出した。

神社から一番近い子の家に逃げ込んでその子の親に話したが、誰からかわれたんだろうと笑われる。
あれは人間の声じゃなかったと反論してもいなされるばかり。

渋々その子の家を出て、そこでようやく人数が1人足りないことにみんなが気付いた。
逃げ込んだ家の子は2人、残り4人いないといけないのに3人しかいない。
なのに誰がいなくなったのか誰も思い出せない。
いつも6人で遊んでいて、この日も花いちもんめを3人ずつでやっていた。

泣き出す子もいて、もう一度さっき別れた子達の家に行って訴えるも、大人はみんなここの集落に子供は5人しかいないと笑い、各々が家に帰って家族に訴えても同じ答えだったという。

いなくなった1人が男だったか女だったかも思い出せない。
でも当時二列に並んで喋りながら登校していたから間違いなく6人いた。
じいちゃんはそう話していた。

孫を怖がらせる為の与太話かもしれんけど・・・。

「牛の鳴き声みたいな気味の悪い声だった」とじいちゃんは真面目な顔で言っていたのが忘れられない。