高校の頃に見たよくわからないモノの話。

自分には霊感とか無くて幽霊を見た事なんて無かったんだが、”ソレ”はハッキリと見えた。

現国の授業中だったかな?
配られたプリントを後ろに回した時に、斜め後ろの席の生徒に変なモノがついてるのが見えてしまった。
いや、変なモノって言っても人型だったんだけどさ、幽霊かどうかはホントに分かんないの。
ソレは3メートルはゆうに超えてるであろう女性の姿をしてた。

黄色い花柄の膝丈まであるスカートに、緑色のワイシャツ。
つば広の黒い帽子を被っていて、帽子の先に2つ、花のマークが入ったヘアピンが吊るしてあるっていう奇妙な格好をしていた。

しかも腕が異様に長く、その腕で男子生徒を守るかのように後ろから抱き締めていた。
ソレが目に入った時、ビックリして思わず二度見してしまったけど、その俺の行動を不審に思って視線を追った後ろの席の生徒にはソレは見えていないみたいだった。(実際、授業が終わった後になんか窓の外にでも何か見えたのかとも聞かれた)

一度視線を外してから授業中に何度かチラ見してみたけど、ソレは相変わらず男子生徒を抱き締めていて、そして周囲を警戒するようにキョロキョロを見渡していた。
どうにもチラ見している自分の事には気付かなかったみたいだけど、何度か見ていた時に、自分と同じように男子生徒をチラ見している女生徒に気付いて、目があった。
その女生徒にもソレが見えていたらしく、昼休みに図書室に行った自分に付いてきて、「アレなに?」って小声で聞いてきた。
自分も分からなかったので「分からない・・・」と返すしかなかったが・・・。

結局その日1日、ソレは見え続けたけど、次の日以降は見えなくなっていた。
その後も特に何事もなく、同窓会で件の男子生徒に会った時も変わった様子は無かった。

アレがなんだったのかマジで分からない。