1932年、マイナーズリーグのブルーミントン球団にビル・ブリベックという選手がいた。

彼は強打者として名の知れた選手であったが、彼はある時期に不運に付き纏われたことがあるという。
以下がその詳細。

ある試合の第2打席目、ビルは相手の球をフルスイングし、見事ホームラン!
・・・のはずだったが球場のフェンスの一部が改装工事で高く突き出てたためビルの放った球が当たりホームランは失敗。

翌日、2試合目でビルが相手チームの球を勢いよくジャストミートした。
「よしやったぞ、今度こそホームランだ」と確信したのもつかの間。
突然雨が降り始めたのである。
「激しい降雨により試合はコールドゲームとします!」審判がそう叫ぶ傍らビルは残念そうに室内へ戻った。

さて後日。
迎えた3試合目は文句なしの快晴。
ビルは意気込んで打席に立った。
そしてフルスイング!

「カキーン!」

今度の打球は見事大当たりで文句なしにスタンドまで飛んでいき念願のホームランとなったのである。
ビルは喜びを抑えながらベースを回りチームの祝福を受けようとしたその瞬間、「アウト!アウト!」審判の叫び声にビルは憤慨し抗議しようとしたが審判から次のように告げられた。
「いいかいビル、君は喜びのあまり3塁ベースを踏み忘れたんだよ」こうしてビルのホームランはまたもや幻となったのである。

そして次の4試合目。
1塁にランナーを置いた状況でビルに打席が回ってきた。

「見てろよ、今日こそはホームランを打ってやる!」

ビルは意気込みおもいっきり強打した。

「カキーン!」

ビルの打球はこれまた見事にスタンドへと突き刺さり文句なしのホームランとなった。
昨日の失敗もありビルは今度は慎重にベースを踏みホームベースに向かおうとしたまさにその瞬間、「アウト!アウト!」審判が叫んだ。

「ええい、どういうことだ!?」ビルも叫んだ。

「君、前の選手を追い抜いちゃダメだよ、これはアウトだよ!」

ビルの後ろを指差しながらそう言う審判。
ビルはあまりにも慎重にベースを踏みながら走っていたためうっかり前の選手を追い越してしまったのである。

そして次の5試合目。
ビルは今日こそ打ってやるとかなり意気込んでいた。

「カキーン!」
「よしやったぞ!今度こそ間違いないだろう・・・!」

ビルの打球はスタンドに入り今度こそ間違いなくホームランだ。
喜んでホームベースを踏んだビルは審判にとんでもないことを言われる。

「君、今のホームランは無効だよ」
「な!?どうしてだ?なんで無効なんだ!?」

「だって君、打順を間違えてるよ」
「ええ?あ!しまった!俺の打順は次なんだ!!」

なんとも不運に見舞われたビル。
運に見放されたのではとその場に座り込んでしまった。

さて、次の6試合目の日、ビルは今日こそは絶対に打ってやろうと強い決意を胸に打席に立った。
試合はデーゲームだが同点で延長戦となった。

「ようしこの試合は俺が決着を付けてやる!」

渾身の力を込めたビルのフルスイング!

「カキーン!」

手ごたえ十分にあり。
打球はグングン伸びて見事スタンドに入った。

「やった!ようやくホームランが打てたぞ!今日の試合はこれで決まった!」

ベンチに戻ったビルはチームメイトから大変な祝福を受けた。
彼のホームランはついに本物となったのだ。
ところが審判がなんと・・・「本日の試合は日没によりこれにてコールドゲームとする!」

何と皮肉にもあと1アウトでゲームセットの場面で日没となり審判がコールドゲームを告げたのである。

15回目に打ったビルのホームランは無効で14回の引き分けとなってしまったのだ。

こうして6本も幻のホームランを打ってしまった野球界一不運の持ち主、ビル・ブリベックの物語は終わり。