俺の体験した話。

当時俺は彼女がいて、(今の嫁)週末は彼女が俺の部屋に泊まりに来るのが常だった。
今は治ってるが、彼女は鬱病持ちでヤンデレ気質で、俺が女と話すようなら射殺すような目で睨みつけるような女だった。

ある日いつも通り眠っていると、「キィン」という耳鳴りで目が覚めた。
起きようとすると金縛にあったように身体が動かない。

なんだこれ?
目玉だけを動かしていると、横で寝ていた彼女と目が合った。
彼女も金縛にあってるらしく、おびえた目でアイコンタクトしてきた。

そのまま何分たっただろうか?
いよいよ恐怖心が心に影を落とし始めた時、向かいの壁の上の方から女が滲み出てきた。
壁から湧いて来るような感じ。

恐怖でガクブルしながらそれを見つめ続ける。
彼女はもう泣きそう。

女は俺に狙いを定めたのか、ゆっくりと俺の方へ降りて来る。
数十秒か数分か、女が俺に馬乗りになり、首へと手を伸ばし始める。

その瞬間、彼女が「てめえふざけんじゃねえ!!!ぶっ殺してやる!!!」と叫んで女に殴りかかった。

どうやらヤンデレの精神力で金縛を振り切っちゃったらしい。
殴られた女はぶわっと霧が膨張するように消えてしまったが、それでも彼女の気は治らないらしく「もう一度出てこい!何度でも殺してやる!!!」と大絶叫。

隣の部屋からは怒りの壁ドン。

なんとか彼女をなだめすかして事なきを得たが、彼女のキレっぷりは半端なく、落ち着かせるのに30分はかかった。

幽霊も怖いけど、生きている人間も怖いと思った出来事でした。