自分の友人の話です。

彼女が前に、彼氏と同棲していた時のこと。
南麻布の某マンションに住んでいた。

彼も彼女も夜の仕事の人で、当時OLだった私は休みの前の日になど、六本木の彼女たちの店に行き、店が終わるまでタダ飯と酒を飲んでたりして、そのまま彼らのマンションに泊まりに行ってました。

ある日、彼女から珍しく朝っぱらから会社に電話があって、「ちょっと見てもらいたいものがあるから、帰りに店に来てよ!」と言うのです。

その日は平日だったし、「行ってもいいけど、ご飯食べて帰るよ~」と言うと、「それでもいいから、来て!!」と言うので、会社帰りに寄ってみました。

まあ、美味しいタダ飯が食べれらるから、ぐらいの気持ちで。
そこで、つい先日に撮ったという写真を見せてもらったんです。

店で撮ったものや、何枚かは彼らのマンションの前で撮ったものなど。

その中の1枚・・・。
彼女が彼にもらった大きなぬいぐるみを抱えた一枚に、女の人が写っているのです。

彼女の頭の上に、大きなツバのついた女性が浮かんでいる。

「なにこれ?心霊写真じゃん!」とちょっと面白半分でしたが、この写真を撮ってから、彼があまり家に帰ってこないので、怖いから今日は泊まりに来てよ!と言われ、仕方がないので店が終わるまで待っていました。

マンションに着いて、しばらくビールなんか飲んでくつろいでたら、突然、「うおぉぉぉーーー」という感じの声が響きました。

「ひゃあ!」とビックリしたのに、彼女は何にも聞こえなかったと言います。
写真は封筒に入れて窓の所に置いてたんですけど、なにか、その写真から聞こえてきたような気がして。

「ねえ、もう一度あの写真、見てみよう」と言うと、彼女はためらいながら、封筒から出してきました。

すると、その女性がさっき見たときよりも鮮明に浮き出ているんですよ。
もう帽子のツバに花のような飾りも見えて、顔も目がより開いてきて、口も開いている。

その日は結局泊まる事になって、二人で抱き合うように寝ました。

そんで、次の日にまた見ちゃったんですよ、写真。
すると、今度は今まで何にもなかった後の壁から、彼女が抱っこしてるぬいぐるみの胴体にも、ドクロ?のような顔がたくさん浮き出るように写っているんです。

そして、着物を着たおばあさんのようなものまで。
昨日までは確かにそんなのは、絶対写ってなかったはずなのに!

そして、その女性はまるでカラー写真のように、真っ赤な口紅を塗って、口を大きく開き、目も化粧ばっちりで大きく見開いている。
もう彼女の写真なのか、その女性の写真なのか分からないくらい。
はっきりと。

写真はもったいつけてるみたいで申し訳ないんですが、たぶんもうありません。
正確に言うと、供養したんです。
が、それがまた大変でした。

焼いても焼いても、燃えない。
カスが残るんです。
それに・・・これは彼女が言ってたんですけど、燃やしたはずなのに店から帰ってくると、またテーブルの上にあったそうです。

最後は結局、プロの手にゆだねたんです。
今は前ほど親しくないんですが、あの写真の話はタブーになっています。

もし、これを読んでたら、ごめんね。
勝手に語っちゃって。。