友人から聞いた実話。

mixiって知ってるよね?
中には何百人もマイミク作っている人もいるかも知れない。

実際に体験したのは友人のマイミクなんだけど、そのマイミク氏(以下X氏)もミクシィを毎日のように活用して徐々に友達を増やしていった。

ある日、X氏のマイミクの一人が突然、失踪したらしい。
そのマイミク(以下Y氏)は職場に行くと告げたきり、誰にも言わず失踪した。
それをX氏が知ったのは一週間後。

ただし、間接的に聞いただけだったし、さして仲がよかった訳でもない。
彼のトップページを覗いてももちろん更新されていないし、Y氏について話題にする者も特にいなかったので、X氏はいつしか失踪のことは忘れていた。

そんな、ある日。
mixiでY氏の日記が更新されていた。

X氏は彼が帰還したのだと思い、暇つぶしにY氏の日記を閲覧する。
他愛のない内容だが、日記だからそんなものだろうと思っていた。

マイミクが数人程度のY氏にコメントをつける者もいない。
失踪以前と変わったといえば、日記をほぼ毎日つけるようになった事だ。

一ヵ月後、X氏が何気に新聞を開く。
お悔やみ欄にはY氏の名前が記入されていた。

まだ三十代前半。
珍しい名前なので間違いないという。

X氏は慌ててmixiにアクセスしたら、なんと死んだはずのY氏の日記が更新されていた。

タイトルは「まぬけ」

X氏は戦慄した。

コイツは一体誰なんだ?
あまりに怖くてX氏はそのままmixiを退会したのだと言う。

友人はX氏の突然の退会を不審に思って、彼の携帯に電話して、この話を聞いたらしい。
その内、X氏とも縁がなくなった友人だが、噂によれば、そのX氏も数日後に原因不明の失踪をしてしまったらしい。