小学校の体育の時間にグラウンドに集まっていると東野というクラスメートが居なくなっていた。
どこへ行ったのか、と皆で話していると、誰かが校舎を指差し「あれ東野ちゃうか?」と言った。
見上げると3階の窓から顔らしきものがこちらを見ていた。

それは確かに頬杖をついている東野のように見える。
しかし肌色の輪郭だけはわかるものの、全体がボンヤリとしていて目を凝らしても目鼻立ちを認識できず顔の表情がつかめない。

教師は生徒を3階に見に行かせ、その間グラウンドの皆は顔がそこにあるのを目撃していた。
・・・にも関わらず戻ってきたきた生徒は「3階の廊下には誰もいない」と言った。

教師:「そんなことあるか!?あれは誰や?」

教師は焦ったように叫んだ。
階をまちがえた可能性もあるんじゃないか?ということで、もういちど別の生徒が見に行ったが、やはり誰もいないとのことだった。

結局、東野は見つからず、顔の存在もそのままで、休憩時間になってみんな教室に戻った。

東野はというと、その次の次の時間ぐらいにひょっこり帰ってきた。
講堂かどこかの裏で昼寝をしていたらしい。

あの顔はなんだったのだろう。
幽体離脱した東野だったのか。

そのあとも朝礼や体育のたびに3階の窓を見たが、顔らしきものを見ることはなかったし、霊的な体験をしたのもそれっきりだ。