俺のじいちゃんは山登りが好きで、正月はいつも山の上で初日の出を見るくらいな人だ。

じいちゃんレベルになると、富士山とかは雰囲気が俗っぽいからとか言ってマイナー山で見たいんだと。

その年も日の出に時間を合わせて暗いうちから登り始めたんだが、すれ違う人もいないくらい寂しい山。

8合目あたりに山小屋があるということで、そこで3時間ほど休んでいけば日の出のころには頂上につける。
じいちゃんはその山小屋をめざして登っていた。

6合目、7合目、すれ違う人もいまだゼロ。
8合目の標識をすぎて少し行くと山小屋が見えてきた。少し不気味な雰囲気だったと。

ドアはしっかり外から板で止めてあったので、じいちゃんはおかしいと思いながら裏に向かった。

裏口は少し開いていて、じいちゃんはノックしないで入っていった。
中には6人ほどの人が川の字になって寝ていた。

じいちゃんはちょっと怖くなったが、みんなを起こさないように空いてるスペースで横になっていた。

少し疲れが取れると、その場の雰囲気無性に怖くなりあたりを見回しはじめた。
そこで寝ている人たちのリュックやらの装備がどこにもないことに気づいた。

しかもしーーんと静まり返ってるのも異常すぎた。
いびきも聞こえない。
あまりにも静かだ。

怖くなったじいちゃんは時間を切り上げて頂上に向かう事にした。
すばやく身支度をすると裏口から急いで出て行った。

8合目を登りきり9合目の標識を通り過ぎたころから恐怖は薄れ始め、調子を取り戻し始めた。
そしてようやく頂上が見えてきて、じいちゃんは胸が躍り始めた。
そして念願の頂上についた。

まだ日の出前なのであたりは真っ暗だが、綺麗な星空が心を癒してくれた。
頂上を散策しているとリュックが置いてある事に気づき、一番乗りでなかったことを残念に思いながらも人を探し始めた。

だが狭い頂上でいくら探しても人は見つけられない。
じいちゃんは不審に思ったらしい。

そのとき日が昇り始めた。
綺麗な日の出に感動して写真をとったりして満喫したじいちゃん。

帰ろうと考えたときリュックを数えてみると数は6個。
じいちゃんは、人がいない事を事故か何かかと考え、山岳救助隊に連絡をする事にしたらしいが、頂上は圏外なので下山してから問い合わせる事にした。

下山の途中で、リュックと山小屋で寝てた連中が関係あるかもと思い始めた。
帰りに山小屋に寄ってみることにしたが、山小屋がみつからない。
8合目の標識からすぐのところだがいくら探してもみつからない。

じいちゃんは不審に思いながらも、迷いそうになったので登山道に戻り下山を開始。
7合目にきたあたりで別の山小屋を見つけた。
この山小屋は綺麗で中から光も漏れてる。

その山小屋に向かい中に入ると、管理人が朝食の準備をしている事だった。
じいちゃんをみると管理人は親切にお茶を入れてくれ、世間話を始めた。

じいちゃん:「登る途中で山小屋に入って少し仮眠したんですよ」
管理人:「え?。。。この山にある山小屋はココだけですよ」

じいちゃん:「おかしいですな、山小屋に人が寝て休んでましたよ」
管理人:「。。。。もしかして6人じゃなかったですか。。。。。。」

じいちゃん「:そういえば6人いましたよ。。。。」
管理人:「他にも何か見ませんでしたか?」

じいちゃん:「リュックがちょうど6つ山頂にありまして、事故かなんかかと。。」
管理人:「2度とこの山には登らないほうが良いでしょう。2度目はもうないですから」

じいちゃんはあまり話したがらないがもう少しその話をしてくれた。
管理人との話には続きがあった。

じいちゃん:「ど、どういうことですか?」
管理人:「8合目から頂上の間を何年も往復しているパーティがあるようなんですよ。私も登山者からの目撃談を聞いてるだけですが、8合目に山小屋があって、その山小屋に入ると人がいるらしいんですが、彼らと話した人はいませんよ。かわった雰囲気の人たちでね。装備はもっていないことがおおいようで」

じいちゃん:「幽霊かなんかですか・・・怖くなってきましたが・・・」
管理人:「関係があるとすれば、7年前の事故が思い当たるんですが。それからそういう目撃例が増えまして、リュックだけが頂上にあるのも有名な話で。救助隊にその事を言っても、今は相手にしてくれないと思いますよ。帰りは一人で下山しないほうが良いでしょう。私の知り合いが来るころなので、その人と下山したらどうですか?そのパーティに加わりたくないでしょう?」

管理人によれば、その6人は頂上から8合目を往復し続けてるらしい。
彼らは登山者についていく事が多く、じいちゃんにずっとついてきて来てる可能性があるとのこと。

目撃した人たちが下山すると事故に遭うことが多く、その山に慣れた人と一緒じゃない遭難する事が多いらしい。