小6の時、学校の児童クラブの卒業旅行で沖縄に行きました。

何日か存分と楽しみ、帰りの飛行機の中での話です。
機内は暗く、微かにオレンジ色の明かりがともっているだけで、他に行った友人や引率の先生達は皆眠っており、静まりかえっていました。

通路側の席に座っていたのですが、窓の外を見たくなったので体を少し乗り出して外を見ました。
飛行機は雲の上を飛び、外は機内の明かりよりも綺麗なオレンジ色に染まっていました。
その中に、奇妙な物が見えました。
それは寺院のようなもの・・・。

私は目が悪いので、旅行に双眼鏡を持ってきていました。
それでもっとよく”あれ”を見ようと思い、双眼鏡を手にとろうとしました。

しかし、そこに双眼鏡はありませんでした。
確かに、先程まではあったのです。

どこを探してもありません。
そうする間に、どんどんと寺院は遠ざかっていきます。

残念だ・・・と思い椅子に腰を下ろすと、腰に硬いものがあたりました。
見るとそれは、探しても全く見つからなかった双眼鏡でした。

この話を皆に話しましたが、誰も信じてくれませんでした。
今でも、あれはなんだったのだろうと考えます。

誰か、同じような体験をした方はいませんか?